最近のトラックバック

« フュージョン・ブームの果てに | トップページ | 僕達は「タツロー」を発見した »

2014年8月 8日 (金曜日)

久し振りのピアノとギターのデュオ

ピアノとギターは非常に良く似た楽器である。単音のみならず和音も出る。アルペジオも出来る。弦を掻きむしることもできるし、和音を連続して弾くことで、リズム楽器としての機能を果たすことも出来る。音のスケールも良く似通っている。

しかも、ピアノという楽器はもっと厄介で(笑)、和音と単音を、右手と左手に分けて別々に同時に出せるし、リズム部と旋律部を同時に奏でることが出来る。つまりは、ピアノ一台で楽器表現の全てを出すことが出来る訳で、ピアノという楽器は、そもそもデュオという演奏形態には向かない、とも言える。 

そんな難度の高いピアノとギターのデュオについては、優れた前例として、ビル・エバンスとジム・ホールのデュオがある。二人は2枚のピアノとギターのデュオ盤を残している。一枚は『Undercurrent』、もう一枚は『Intermodulation』。この2枚に、ピアノとギターのデュオのお手本となる演奏がギッシリと詰まっている(2010年12月14日のブログ・左をクリック)。

この2枚を聴き込んで、ピアノとギターのデュオの奥義を究めれば、誰でもピアノとギターのデュオが出来ると思いきや、そうではないのが、即興演奏を旨とするジャズならではの難しさ。

僕は、このビル・エバンスとジム・ホールのデュオ以外、ピアノとギターのデュオについては、ピアノのベニー・グリーンとギターのラッセル・マローンの『Jazz at the Bistro』(2013年7月30日のブログ・左をクリック)しか知らない。
 

Homage_evans_hall

 
しかし、最近、4枚目のピアノとギターのデュオの傑作を見つけた。Stefano Bollani with Luigi Tessarollo『Homage To Bill Evans And Jim Hall』(写真左)である。イタリア・ジャズが誇る、ギターのルイージ・テッサロッロとピアノのステファノ・ボラーニ(写真右)のデュオ。2000年4月17日のライブ録音。

タイトルはシンプルに「ビル・エバンスとジム・ホールへのオマージュ」。エバンスとホールの2枚のデュオ盤『Undercurrent』と『Intermodulation』の収録曲からの選曲も多く、明らかにエバンスとホールの2枚のデュオ盤『Undercurrent』と『Intermodulation』を十分に意識し、お手本にし、今の感覚と自らの個性を全面に押し出した「ピアノとギターのデュオ演奏」を追求し、そして成果を上げている。

とにかく上手い。エバンスとホールの2枚のお手本があるにはあるが、それを差し引いても上手い。ライブ録音にも拘わらず、音がほとんどぶつからない。入念にリハーサルは積んだのだろうが、やはり、ジャズメンの演奏技術は年々進化しているのだろう。エバンスとホールのデュオ演奏を完全に凌駕するほどに、このデュオ演奏は素晴らしい出来だ。

適度な緊張感、デュオならではの熱気溢れるアドリブの応酬。流麗なユニゾン&ハーモニー。このギターのルイージ・テッサロッロとピアノのステファノ・ボラーニのデュオとしての相性は抜群。明らかに、エバンスとホールの『Undercurrent』と『Intermodulation』の「後を継ぐ盤」である。

近代画的なジャケットもアーティスティックで趣味の良いもの。さすがイタリア・ジャズ。ライブ収録とは思えないほど、レンジの拾いクリアな音質も特筆もの。ジャズ者万民に聴いて頂きたい良盤です。

 
 

震災から3年4ヶ月。決して忘れない。まだ3年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« フュージョン・ブームの果てに | トップページ | 僕達は「タツロー」を発見した »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57029035

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのピアノとギターのデュオ:

« フュージョン・ブームの果てに | トップページ | 僕達は「タツロー」を発見した »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ