最近のトラックバック

« 意外と夏向けの『Al & Zoot』 | トップページ | 僕達は「タツロー」の源へと遡った »

2014年8月12日 (火曜日)

ズート入門盤としてお勧めの一枚

昨日は、Zoot Sims & Al Cohnの『Al & Zoot』をご紹介した。このバンドの双頭リーダー、ズート・シムズとアル・コーン、単独では、ズート・シムズの方が有名盤が多い。ということで、今日はズート・シムズのリーダー作の中で、私の愛聴盤を一枚、ご紹介したい。

その愛聴盤とは、Zoot Sims『Zoot』(写真左)。そのまんまのアルバム・タイトルである。同じ様なタイトルに『Zoot!』があるが、こちらのタイトルの最後に「!」が付いている。「!」の有り無しで、全く別のアルバムである。紛らわしいが間違わないで下さいね。今日の話題は、「!」マーク無しの『Zoot』。

Argoレーベルからのリリース。1956年10月、シカゴでの録音になる。ちなみにパーソネルは、Zoot Sims (ts,as), John Williams (p), Knobby Totah (b), Gus Johnson (ds)。ズート以外は馴染みの無い名前が並ぶ。シカゴでの録音なので、地元のジャズメンを調達したのだろうか。

この 『Zoot』というアルバム、ズート・シムズのワン・ホーン盤であり、ズートのサックスが心ゆくまで楽しめる。というか、バックのミュージシャンのプレイが地味で、ズートのサックスだけが全面の押し出されている。流麗でクールでスマートな、白人サックス奏者ならではの個性が実に良く判る。

そして、ズートならではの個性は、この白人サックス奏者ならではの「流麗でクールでスマートな」サックスの音に、ほのかに乾いたファンクネスが漂うところ。決してウェットでは無い、決してコッテコテでは無い、決して粘らないのだが、乾いてスッキリとしてファンクネス漂うところがズートのサックスの個性。
 

Zoot_sims_zoot

 
そんなズートのサックスの個性を堪能するのに、このアルバムの選曲が実に良い。旋律がキャッチャーで流麗なスタンダード曲を度々ドッと持ってきて、それをズートがサックスのシングルトーンで、流麗でクールでスマートに吹きまくる。そして、その吹きまくりのサックスの音色に、ほのかに乾いたファンクネスが漂う。

1. 920 Special
2. The Man I Love
3. 55th And State
4. Blue Room
5. Gus's Blues
6. That Old Feeling
7. Bohemia After Dark
8. Woody'n You

以上がこのアルバムの収録曲。どれもが良い感じなんですよね。ズートのサックスが実に映えます。「流麗でクールでスマートな」分、聴き心地が良い。ただし、バックのリズム・セクションは全く地味。ドラムとベースはリズム・キープに徹して、ソロをやることは無く、ピアノは頑張ってソロを取るが、スタイルも普通で「そこそこ」のレベル。

このアルバムはズートのサックスを愛でるのが全てのアルバムである。それだけでも十分な感じにさせてくれるズートのサックスが良い。このアルバムでのズートは絶好調。ズートのサックスを感じるのに最適な、ズート入門盤としてお勧めの一枚です。

 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 意外と夏向けの『Al & Zoot』 | トップページ | 僕達は「タツロー」の源へと遡った »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57064838

この記事へのトラックバック一覧です: ズート入門盤としてお勧めの一枚:

« 意外と夏向けの『Al & Zoot』 | トップページ | 僕達は「タツロー」の源へと遡った »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ