« 米国南部のディブ・ブルーベック | トップページ | フュージョン・ジャズのロリンズ »

2014年8月24日 (日曜日)

南佳孝の尖ったアレンジとサウンド

まだまだ暑いですね。しかも大気の状態が不安定とのことで、全国各地で大雨の情報がニュースを賑わしています。特に、洪水や鉄砲水、崖崩れなど、災害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、この蒸し暑い夏、私にとっての1970年代Jポップにおける「夏男」は、山下達郎、南佳孝、そして、矢沢永吉の3人。特に大学時代には、この3人のアルバムが、夏限定でヘビロテになりました。そこで、今日はそんな「夏男」の一人、南佳孝『MONTAGE』(写真)について語ります。

時は1980年5月、この『MONTAGE』はリリースされています。1980年と言えば、米国ポップスのトレンドは「AOR」。日本でもこの「AOR」が大流行。日本では、「AOR」=アダルト・オリエンテッド・ロックの略とされ、「大人向けのロック」として、アルバム全体としての完成度を重視し、音の雰囲気の基本は「ソフト&メロウ」であった。

そんな中、南佳孝もAORの代表的ミュージシャンの一人とされ、この『MONTAGE』の前にも『SPEAK LOW』『SOUTH OF THE BORDER』といった、思いっきり夏向けの、優れたポップ・ロックなアルバムをリリースしている。そんな南佳孝の5枚目のオリジナル・アルバムが『MONTAGE』。

それでは、この『MONTAGE』は、単純に流行を追ったAORなアルバムかと言えば、答えは「No」。当時としては、かなり尖ったアレンジとサウンドがギッシリ詰まった、思いっきりクールなアルバムだと思います。
 
そんな尖ったアレンジとサウンドを担っていたのは、当時一世を風靡したYMOの坂本龍一と大村憲司の2人。テクノ・ポップとはいかないまでも、そのテクノ・ポップな要素を上手くAORにミックスしたサウンドはとっても「お洒落」でした。
 

Montage

 
その象徴的なチューンが冒頭の「憧れのラジオ・ガール」。この「憧れのラジオ・ガール」は大好きな曲で、とにかくアレンジとバックの演奏がクールな、エバーグリーンな名曲です。ちなみにパーソネルは、高橋ユキヒロ (ds), 大村憲司 (el-g), 南佳孝 (vo), 坂本龍一 (key,syn), 松武秀樹 (syn,manipulator)。ほとんどYMOの世界ですね(笑)。

デジタル・ポップな感覚一杯のキャッチャーな曲ですが、テクノ・ポップっぽく無いのが、この曲のアレンジの優れたところ。デジタル・ポップな感覚をAORなアレンジに織り交ぜた、独特の響きと個性を持ったアレンジになっています。当時、この曲のアレンジを聴いて「ぶったまげた」のですが、今の耳にも新鮮です。

2曲目以降、レゲエあり、タンゴあり、GSフィーリングあり、ブルースあり、音作りの指向としては、フュージョンな指向で、1980年という時代の音楽のトレンドをしっかりと捉えていて、実にクールです。

前の『SPEAK LOW』『SOUTH OF THE BORDER』といったリゾート指向なアルバムと比較すると、この『MONTAGE』は、アーバン指向へとシフトしつつあるのですが、このアルバムはリゾート指向とアーバン指向の両方が絶妙のバランスで存在していて、これがまた、このアルバムのクールな響きの源となっているんですよね。

蒸し暑い夏。寝苦しい熱帯夜。深夜放送から流れてくる「憧れのラジオ・ガール」に耳を傾け、その後、導かれるように、この『MONTAGE』をかけながら、寝苦しい夜に耐えていました(笑)。大学時代の懐かしい思い出です。

 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 米国南部のディブ・ブルーベック | トップページ | フュージョン・ジャズのロリンズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南佳孝の尖ったアレンジとサウンド:

« 米国南部のディブ・ブルーベック | トップページ | フュージョン・ジャズのロリンズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー