最近のトラックバック

« 僕達は「タツロー」を聴き込んだ | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・56 »

2014年8月18日 (月曜日)

ジャズ・ボーカル盤に大切なこと

最近、ジャズ・ボーカルが芳しく無いのでは無いかと危惧している。毎月毎月、雨後の竹の子の様に、新人のジャズ・ボーカリスト、特に女性ジャズ・ボーカリストがデビュー盤をリリースするのだが、殆どのボーカリストが2枚目のリーダー作にたどり着くことが無い様なのだ。

ジャズ雑誌では、そんな新人女性ボーカリストのデビュー盤は当然の様に絶賛される。特に、最近のレコード会社の傾向は「ルックス重視」。ジャケ写でグッと惹き付けて、ジャズ雑誌の絶賛記事に釣られて、思わず手にしてしまう。それでも、最近の女性ジャズ・ボーカリストの実力は確かなものが多い。さすがにアルバム・デビューするボーカリストは、それなりの力量を身につけている。

ルックスも良く、ボーカルそのものもそれなりの力量を発揮している。それでも殆どのボーカリストが2枚目のリーダー作にたどり着くことが無い。これはどういうことなのか。

今回、そんな数多溢れる女性ジャズ・ボーカルの新盤の中で、これはなかなか良いなあ、と感心し、このところ、我がバーチャル音楽喫茶『松和』で、そこはかとなくヘビロテになっている女性ジャズ・ボーカル盤がある。そのアルバムとは、iET『So Unreal』(写真左)である。

iETは「イート」と読む。オランダ出身。米国西海岸サイケデリック・ロックやサーフィン・ロック、伝統的なジャズ音楽や映画音楽など幅広な音楽に親しみ、コンテンポラリーなジャズ・ボーカリストとして頭角を現してきた逸材だ。リズム&ビートがコンテンポラリー・ジャズのそれで、彼女のボーカル盤の内容は「ギリ」ジャズだと評価している。

そんなiETの新作がこの『So Unreal』。スムースかつ力感のある、ボリューム感があり繊細。そんな彼女のボーカルがとことん堪能出来る素晴らしい内容のジャズ・ボーカル盤である。まあ「ジャズ」とは言っても、かなり時代の最先端のリズム&ビートを採用した「コンテンポラリー・ジャズ・ボーカル」の類である。決して、伝統的なジャズ・ボーカルでは無い。

収録された曲自体の魅力もあるが、このコンテンポラリー・ジャズ・ボーカル盤の特徴は、アルバム全体のプロデュースとアレンジが秀逸だということ。この秀逸なプロデュースとアレンジが、iETの個性と才能を最大限に引き出している。
 

Iet_so_unreal

 
このアルバムのプロデューサーは、クラブ系の名プロデューサー&エンジニアであるRussell “The Dragon” Elevado。このクラブ系の鬼才がiETの才能と相まって、良質の「化学反応」を起こしている。

なるほどなあ、ジャズ・ボーカリストがデビュー盤の一発花火に終わること無く、2枚目、3枚目のリーダー作をリリースし続けるには、このRussell “The Dragon” Elevadoの様な、優れたプロデューサー&エンジニアが必要なのだ。

そして、その秀逸なプロデュースの下、優れたアレンジが施され、優れたバック・ミュージシャンが集められ、優れたエンジニアによって、個性的な音世界が創造される。そういうバックボーンが整ってこそ、新人ボーカリストの優れた才能と個性が引き出され、魅力あるボーカル盤が創造されるのだ。なるほどなあ。優れた才能と個性のボーカリストだけでは駄目なのだ。

確かにそれは言える。伝統的なジャズ・ボーカルの世界でも、優れたボーカル盤というものは、やはり優れたプロデューサーやアレンジャーの協力があって初めて成立することが多い。それは現代でも同じなんだろう。

とにかくこのiET『So Unreal』というボーカル盤は良いですよ。我がバーチャル音楽喫茶『松和』では、最近のジャズ・ボーカル盤としてイチ押しのアルバムになっています。冒頭の「Fool」から「Time」そして「Innocence」と3曲聴き進めて来れば、もう途中で止めることは出来なくなります。それほど、惹きの強いボーカル盤です。

そして、正式なアルバムとしてはラストの11曲目「Great Gig in the Sky」で思わずしみじみとしてしまう。邦題「虚空のスキャット」。伝説のプログレ・バンド、ピンク・フロイドのモンスター盤『狂気(The Dark Side Of The Moon)』のLP時代のA面ラストを飾るエモーショナルなスキャット曲。この名曲をiETは忠実にカバーする。

この「Great Gig in the Sky」のカバーを聴いた時はビックリした。そして、このiET『So Unreal』というアルバムに惚れ込んだ。「Great Gig in the Sky」をカバーするコンテンポラリー・ジャズはそうそう無い。iETのセンスと才能を強く感じる。

 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 僕達は「タツロー」を聴き込んだ | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・56 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57118535

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ボーカル盤に大切なこと:

« 僕達は「タツロー」を聴き込んだ | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・56 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ