« 簡単そうだが、実は複雑で難しい | トップページ | 正規盤で「ロスト・カルテット」 »

2014年8月31日 (日曜日)

秋の季節にフェンダー・ローズ

本当に涼しくなった。もはや秋である。昼は残暑、朝夕は涼しさ忍び寄る「晩夏」の季節については、今年は省略。涼しいがどこか物寂しい秋の気候には、フェンダー・ローズの響きが良く似合う。情緒的で揺らぎのある印象的な音が特徴のフェンダー・ローズ。

このフェンダー・ローズの音の個性は、最終的には実際に聴いて頂くしかないのだが、このフェンダー・ローズの音を心ゆくまで実感出来るアルバムがある。Rob Franken『I'M GONNA LOVE YOU』(写真左)。

ロブ・フランケンはオランダのジャズ・ピアニスト。1941年8月生まれ、1983年12月没。まだまだ先のある42歳で逝去している。しかし、彼の残したリーダー・アルバムの中で、とりわけ、フェンダー・ローズの音色が実に素晴らしい。人は彼のことを「フェンダー・ローズに愛された男」と呼ぶ。

このアルバムは、そんなロブ・フランケンの数少ないリーダー作品の中でも、フェンダー・ローズの音色が美しい、ソフト&メロウなジャズ盤です。しかも加えて、シンセサイザーの使い方と音色、そして、アコースティック・ピアノの織り交ぜ方が秀逸で、マルチ・キーボードの秀作として十分に楽しめます。
 

Rob_franken_im_gonna_love_you

 
このアルバムは、ポップな選曲も魅力で、ロック&ソウル畑からの、スティーヴィー・ワンダーの「All In Love Is Affair(恋)」や0ccの「I'm Not in Love」、ジャズ・スタンダードの「What a difference a day made(縁は異なもの)」や「Lush Life」など、ソフト&メロウなアレンジを施すことで、フェンダー・ローズの個性的な響きを最大限に引き出しています。

確かに、ジャズの世界の中で、フェンダー・ローズをメインに弾くキーボード奏者は他にはいません。あくまで、メインはアコースティック・ピアノなんですよね。

メインでは無いにしろ、サブとしてのフェンダー・ローズの使い手としては、ジャズ界においては、チック・コリア、ハービー・ハンコック、リチャード・ティーなど、エレクトリック・キーボードの使い手中心にかなりの人数がいます。逆にロック畑には、フェンダー・ローズの使い手って、殆ど見当たらないんですよね。ソフト&メロウな音色がロックには合わないのでしょうか。

涼しいがどこか物寂しい秋の気候には、フェンダー・ローズの響きが良く似合う。開け放った窓から吹き込む、秋を十分に感じさせる涼しい風に吹かれながらのフェンダー・ローズの響きに、心が思わずリラックスします。

 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 簡単そうだが、実は複雑で難しい | トップページ | 正規盤で「ロスト・カルテット」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の季節にフェンダー・ローズ:

« 簡単そうだが、実は複雑で難しい | トップページ | 正規盤で「ロスト・カルテット」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー