最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・55 | トップページ | ズート入門盤としてお勧めの一枚 »

2014年8月11日 (月曜日)

意外と夏向けの『Al & Zoot』

ウエストコースト・ジャズのサックスは「垢抜けている」。東海岸の「飛び散る汗と煙草の煙」なんていう、粘りのあるファンキーな熱いブロウでは無く、西海岸はクールでスマートでスインギー。ジャズとしての「熱気」に欠けるのでは、なんて思ったりするクールさが身上。

そんなウエストコースト・ジャズのテナーサックスを代表する二人が双頭バンドを組んで活動していた。その「二人」とは、ズート・シムズ(Zoot Sims)とアル・コーン(Al Cohn)。ズート・シムズは1925年生まれ。アル・コーンも1925年生まれ。同い年でテナー奏者で双頭バンドでフロントを張る間柄。

しかも、テナーの音色がそっくり。テクニック的にはズート・シムズの方が先行したが、年月が経つに従って、その差は全く無くなっていった。音域も似通っている。どちらも中〜高音域を得意とする。この二人の双頭バンドでのアルバムは、1950年代から1960年代に渡って多くリリースされている。

その代表的なアルバムの一枚が『Al & Zoot』(写真左)。1957年3月の録音。ちなみにパーソネルは、Zoot Sims, Al Cohn (ts), Mosé Allison (p), Teddy Kotick (b), Nick Stabulas (ds)。ニューヨークでの吹き込みとある。
 

Al__zoot

 
このアルバム、タイトル通り、アルとズートが主役。この二人のコラボレーション、ユニゾン&ハーモニー、そして、テナー・バトルが存分に楽しめる。二人のテナーは本当によく似通っていて、どちらもクールでスマートでスインギー。よって、確かにテナー奏者は二人いるが、どちらがどちらなのかが判らない(笑)。

軽妙にスマートにテナーを吹き上げる二人。その音の根幹はウエストコースト・ジャズの個性である。聞けば、アル・コーンのクインテットにズートがゲストに入った形なので、演奏全体の雰囲気も、ジャムセッションっぽい、皆集まって一丁上がりっていう安易な雰囲気は全く無い。特に、バックのリズム・セクションがしっかりしていて、聴いていて気持ちが良い。

ただし、先も触れたが、東海岸ジャズの、特にハードバップ、ファンキー・ジャズみたいな、大向こうを張ったダイナミックな展開や、こってこてファンキーな粘ったリズム&ビート、ゴスペル・チックな黒さとは全く無縁。徹頭徹尾、クールでスマートでスインギー。粘ったファンクネスが全く無いので、こってこてのジャズとして物足りない面もあるにはある。

それでも、このアル&ズートのテナーは、小粋であり、職人芸的であり、玄人好みなテナーである。大向こうを張る派手派手しさは無いが、繰り返し聴いていると、徐々にじんわりと効いてくる様な、そんな玄人好みなテナーが実に「オツ」である。

こういうジャズも良い。聴いていてスッキリ。暑い夏の昼下がりにも耐える爽快さ。意外と夏向けのレジェンド盤『Al & Zoot』である。

 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・55 | トップページ | ズート入門盤としてお勧めの一枚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57055163

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と夏向けの『Al & Zoot』:

« ジャズ喫茶で流したい・55 | トップページ | ズート入門盤としてお勧めの一枚 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ