最近のトラックバック

« ウエストコースト・ジャズの硬派者 | トップページ | フュージョン・ブームの果てに »

2014年8月 6日 (水曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・17

1970年代、クロスオーバー・ジャズからフュージョン・ジャズの時代。このクロスオーバーやフュージョンの演奏をバックにしたジャズ・ボーカルというのがなかなか無かった。8ビートが中心、しかも電気楽器が主役の演奏である。ボーカルにとって、このクロスオーバーやフュージョンの演奏をバックに歌うのはかなり大変なことだったと思う。

学生時代、1980年の夏のことである。本当に無いのかなあ、と思いながら、例の「秘密の喫茶店」に足を運ぶ。エアコンの効いた涼しい部屋の中、カウンターで珈琲をいただきながら、ママさんに尋ねる。クロスオーバーやフュージョンをバックに唄うジャズ・ボーカル盤って無いですよね、って。

すると、ニコッと笑って「ありますよ」と応えて、かけてくれたのがこのアルバムである。Dee Dee Bridgewater『Just Family』(写真)である。

1978年リリースの第3作目。プロデューサーがなんと、あのリターン・トゥ・フォーエバーのチックの相棒、スタンリー・クラーク(Stanley Clarke)。このプロデューサーの名前を見るだけで、このアルバムの演奏は、クロスオーバー・ジャズ系なんだな、と判る。ジャケットも素晴らしい。アフリカン・アメリカンを十分に想起させる、アフリカン・ネイティブなジャケットは僕は大好きだった。

ディーディーの歌は、純ジャズのトラディショナルな女性ボーカルのスタイルでは無い。ディーディーの歌い方は、当時の「ソウル・ミュージック」の歌い方、R&B系の歌い方である。そんな女性ジャズ・ボーカルの中では明らかに異端扱いされていた。厳しいジャズ者の方々は「これはジャズでは無い」と断言する始末。バックは当時流行のクロースオーバー・ジャズ系の演奏なんですが(笑)。
 

Just_family

 
しかし、これは紛れもなく「ジャズ」でしょう。バックの演奏がまず上質のクロスオーバー・ジャズ。演奏するジャズメンが、プロデューサーのスタンリー・クラーク繋がりで選出されていて、これはもう当時第一線で活躍していたクロスオーバー系のジャズメンばかりがズラリと並ぶ。細かくはご紹介しないが、それはそれは、当時の人気クロスオーバー系ジャズメンのオンパレード。

そんなぶ厚くファンキーなR&B風のクロスオーバーなリズム&ビートに乗りながら、ディーディーが思いっきりソウルフルにガンガンに唄いまくる。ファンクネス溢れソウルフルで疾走感が素敵なディーディーの歌唱は爽快である。このブラコンばっちりの歌唱に、僕は当時度肝を抜かれた。これなら苦手なジャズ・ボーカルだっていける、と思いましたね。

後のフュージョン・ジャズがソフト&メロウが基本だとすれば、このディーディーの『Just Family』は、ファンクネス溢れソウルフルが基本で、これはクロスオーバー・ジャズの個性である。ブラコンとジャズのクロスオーバー。そこに、ディーディーが唄いまくる。

1980年夏、あの「秘密の喫茶店」の昼下がり、このDee Dee Bridgewater『Just Family』が鳴り響き、皆、刮目して耳を傾ける。誰が歌ってるんや。ディーディーって誰や。僕もそう思った。ディーディーって誰や。僕のディーディーとの初めての出会いであった。

そして、2014年の夏。あれから34年を経て、バーチャル音楽喫茶『松和』の昼下がりに、このDee Dee Bridgewater『Just Family』が鳴り響いている。このアルバムの音は「あの頃」と全く変わらない。

 
 

震災から3年4ヶ月。決して忘れない。まだ3年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ウエストコースト・ジャズの硬派者 | トップページ | フュージョン・ブームの果てに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57009514

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・17:

« ウエストコースト・ジャズの硬派者 | トップページ | フュージョン・ブームの果てに »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ