最近のトラックバック

« いしだあゆみ & Tin Pan Alley | トップページ | これが初心者向け「モンク入門盤」 »

2014年7月 3日 (木曜日)

日本の多国籍フュージョン・ロック

昨日は、本格的な夏の暑さが来る前の、夏の初めのこの季節にフィットする日本の歌謡ポップスをご紹介した。今日は、その続編で、本格的な夏の暑さが来る前の、夏の初めのこの季節にフィットする日本ロックのアルバムをご紹介したい。

久保田麻琴と夕焼け楽団というロック・バンドがあった。京都出身の久保田麻琴が1972年に、この夕焼け楽団を結成。デビュー作『サンセット・ギャング』(2013年8月10日のブログ参照・左をクリック)。このデビュー盤は、「レイドバック」という形容がぴったりの、アルバム全体の「のんびりと寛いだ」ユッタリとしたロックな演奏が実に魅力的でした。

そして、その『サンセット・ギャング』の次のセカンドアルバムである、久保田麻琴と夕焼け楽団の『ハワイ・チャンプルー』(写真)こそが、本格的な夏の暑さが来る前の、夏の初めのこの季節にばっちりフィットする日本ロックのアルバムである。1975年のリリース。僕がこのアルバムに出会ったのは1976年の初夏の頃。
 
スチールギターをベースとしたフラ・ダンスな雰囲気の、ちょっとハードなハワイアン・ミュージックから、三線の音も麗しい沖縄の民俗音楽から、上海辺りの中国の沿岸の民俗音楽まで、ちょうど東シナ海からハワイ諸島、そして米国西海岸を範疇とした、今の音楽ジャンル言葉で言う「エスノ・ロック」なアルバムである。

アルバム全曲、とても趣味の良いアレンジとフレーズが満載で、それもそのはず、リーダーの久保田麻琴と、後にYMOを結成して一世を風靡するあの細野晴臣の共同プロデュースなのだ。このアルバム、細野晴臣の『トロピカル・ダンディ』と同じ年にリリースされており、そういう意味で、当時の「エスノ・ロック」のトレンドに乗った、当時としてとてもお洒落なアルバムなのである。
 

Hawaian_tyanpuru

 
そして、いつも聴く度に感心するんだが、久保田麻琴と夕焼け楽団の演奏力が相当に高い。1975年のリリースになるんだが、1975年の日本のロック・シーンの中で、ここまで高度な演奏を平然と繰り広げるバンドは片手ほどにしか無かったと記憶する。

1976年の初夏の頃、このアルバムを初めて聴いた時、この演奏力にビックリしたし、日本人のみのバンドが演奏していることに、少し誇らしい気持ちを持ったことを覚えている。懐かしいなあ。

収録されたいずれの曲も大変出来が良い。特にこの季節にピッタリなので、タイトルもそのまんまな「初夏の香り」。ユルユルの南国の陽光が眩しい、スチールギターの芳しい響き。思いっきりレイドバックなゆるゆるのハワイアン・ロック。むっちゃダンディでみっちゃお洒落です。

ちなみに、喜納昌吉&チャンプルーズで有名な『ハイサイおじさん』のカバーが入っていて、これがまあ、端正な西海岸ロック調なアレンジで、むっちゃ格好良いんですわ。これを聴くと、常に踊り出したくなります。昔、本業の出張で訪れた折の、国際通りの夜を思い出します(笑)。 

当時としては珍しい、ハワイのレコーディング・スタジオ、サウンズ・オブ・ハワイでの録音。チャンプルーは融合という意。フュージョンも融合という意。ハワイアンと沖縄民謡と中国音楽と米国西海岸ロックとが「ちゃんぷるー」した、多国籍フュージョン・ロック・ミュージックである。

 
 

震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« いしだあゆみ & Tin Pan Alley | トップページ | これが初心者向け「モンク入門盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56685131

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の多国籍フュージョン・ロック:

« いしだあゆみ & Tin Pan Alley | トップページ | これが初心者向け「モンク入門盤」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ