最近のトラックバック

« 日本の多国籍フュージョン・ロック | トップページ | ここまでくるとジャズじゃ無い »

2014年7月 4日 (金曜日)

これが初心者向け「モンク入門盤」

時には、ジャズ・レジェンドなピアノ・トリオが良い。ジャズ・レジェンドなアルバムは内容が濃く、聴く時代、聴く季節、聴く時間によって、様々な側面を聴かせてくれる。そんな様々な音の表情を聴かせてくれるのは、ジャズ・レジェンドなアルバムならではの懐の深さと奥行きの広さである。

このモンクの『Thelonious Monk Trio』(写真左)などがその好例だ。1952年と1954年の3つに分かれたセッションからの編集盤。ちなみにパーソネルは、Thelonious Monk (p), Art Blakey (ds), Max Roach (ds), Gerry Mapp (b), Percy Heath (b)。冒頭の「Blue Monk」と、5〜8曲目「Little Rootie Tootie」「Sweet And Lovely」「Bye-Ya」「Monk's Dream」がブレイキーとのセッション。

モンクは1917年10月だから、このアルバムが録音された1952年で35歳、1954年で37歳だから、ピアニストとして、体力気力ともにバランスが取れて、一番、ピアノ・プレイの覇気が素晴らしい時期の録音になる。確かに、このアルバムのモンクは絶好調。タッチも深く鋭く、間を活かした響き、不協和音な響きが全くもって「異常」なのだ。

力強いタッチで絶好調に弾きまくっているので、間を活かした、幾何学模様の様な不思議な響きとタッチがとてもよく判る。個性的な不協和音もこのアルバムでは控えめ。セロニアス・モンク入門盤として格好のアルバムである。 
 

Thelonious_monk_trio

 
加えて、このアルバムの収録曲が良い。というか、今の耳をもって振り返ると、モンクのピアノがとことん堪能できる、モンクの有名曲ばかりがズラリと並んでいるのだ。これは全くのお徳用盤である(笑)。ちなみにその収録曲は以下の通り。

  1. Blue Monk
  2. Just A Gigolo
  3. Bemsha Swing
  4. Reflections
  5. Little Rootie Tootie
  6. Sweet And Lovely
  7. Bye-Ya
  8. Monk's Dream
  9. Trinkle Tinkle
10. These Foolish Things

今から振り返ると、収録曲のほとんどがモンク作曲の「モンクズ・スタンダード」。このモンクズ・スタンダードを、モンク自身がモンクの個性全開な、間を活かした不思議な響きとタッチで、ポジティブにガンガン弾きまくっている。モンクはこの頃30歳台後半。一番、ガンガンに弾きこなせる頃。モンクは、モンクの個性的な曲を、モンクの個性的なタッチで弾き進めるのだ。

この『Thelonious Monk Trio』は、モンクのモンクによるモンクの為のアルバムである。モンクはポジティブに、モンクの個性を思いっきり振りまいて、モンクの曲を弾き続ける。ジャズ・レジェントとしてのセロニアス・モンクを堪能するのにピッタリのトリオ盤である。モンクの判り易さ、という点でも、このアルバムはジャズ者初心者にこそ、お勧めです。

 
 

震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« 日本の多国籍フュージョン・ロック | トップページ | ここまでくるとジャズじゃ無い »

コメント

こんにちは。

最近売られてる一部の日本盤では、ここから漏れてAND SONNY ROLLINSに入っていたWorkとNuttyを加えて+2として、ますますお得盤になっていますよ。

私はすべてのジャズの中で、ここでのBye-Yaが一番好きなので、最愛聴盤です。クラーベのリズムで煽りまくるブレイキーの名演でもありますね。

Hal Wilnerのモンク・トリビュート盤THAT'S THE WAY I FEEL NOWでは、Steve Slagle+Dr John+Steve Swallow+Ed Blackwellという変な組み合わせでBye-Yaをやっていますが、これがまた素晴らしい出来。

なのに、アナログのみでCDではカット。今では幻の名演となっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56694683

この記事へのトラックバック一覧です: これが初心者向け「モンク入門盤」:

« 日本の多国籍フュージョン・ロック | トップページ | ここまでくるとジャズじゃ無い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ