最近のトラックバック

« 日本女性ジャズ・ボーカルの有望盤 | トップページ | 寺井尚子はガンガンに弾きまくる »

2014年7月12日 (土曜日)

チャーラップのピアノの「個性」

1966年10月生まれなので、今年で48歳になる。48歳ともなれば、ジャズ界では中堅。つい最近まで、若手ピアニストの有望株だと思っていたのに、月日の経つのは早いものである。そのピアニストとは、ビル・チャーラップ(Bill Charlap)のこと。

ビル・チャーラップのピアノは一言で言うと「古いスタイルだが新しい」。チャーラップのピアノのベースは「ビ・バップ」。1940年代後半から50年代前半にかけての「ビ・バップ・ピアノ・トリオ」とは違う、緩急、濃淡、強弱を様々に織り交ぜた、複雑な、色彩豊かな「ビ・バップ・ピアノ」が特徴。いわゆる「温故知新」である。

加えて、リリカルで耽美的な演奏にその特徴がある。「リリカルで耽美的な」ジャズ・ピアノの表現は、エバンス派の専売特許だったが、このチャーラップの表現は、エバンス派のそれとは全く異なる。あくまで、「ビ・バップ」の表現方法の中での「リリカルで耽美的な」ジャズ・ピアノなのだ。

このチャーラップのピアノの特徴を実に良く捉えたアルバムがある。Bill Charlap『'S Wonderful』(写真左)。1998年12月の録音。ちなみにパーソネルは、Bill Charlap (p), Peter Washington (b), Kenny Washington (ds)。

とにかくとことん「リリカル」なアルバムである。しかし、リリカルと言えばビル・エバンス、エバンス派の代表的スタイルと言えば、チャーラップくらいの中堅ピアニストであれば「モーダル」なピアノがベースになるはずなんだが、チャーラップは違う。チャーラップの基本は「ビ・バップ」である。リリカルでバップなピアノ。それ以前のジャズでは聴いたことの無い響き。
 

S_wonderful

 
リズム&ビートを支える、ケニー・ワシントンのドラムやピーター・ワシントンのベースも、基本は「ビ・バップ」。しかし、昔の様に単純にリズム&ビートを支えることに徹するのでは無い、柔軟に緩急をつけつつ、硬軟自在、変幻自在にリズム&ビートを支え続ける。ビ・バップなジャジーなノリが凄く心地良い。

このアルバムのリリースは「ヴィーナス・レコード」からのリリース。日本人的なプロデュースと日本人好みな過剰なエコー、そして、エロティックなジャケット・デザインと、僕はあまり好きでは無いレーベルなんだが、このチャーラップの『S'wonderful』は、ちょっと違う。

選曲については、いかにも日本のジャズ者ベテランの方々が喜びそうな、知る人ぞ知る、ちょっとマニアックなスタンダード曲を選択しているところが鼻につくが、チャーラップの奏でるフレーズは新しい感覚。このチャーラップの「ビ・バップ」の表現方法の中での「リリカルで耽美的」なピアノが、このアルバムを凡百なハードバップ盤としてしまう危険性を回避している。

逆に言えば、このアルバムはビーナス・レコードだからこそ、リリース出来たとも言える。これだけ、知る人ぞ知る的な選曲、過剰なエコー、エロティックな女性のジャケ写、という内容であれば、米国のレーベルからは、まずリリースされることは無いと思う。

僕はこの『'S Wonderful』のチャーラップが好きだし、この路線でチャーラップは走るべきだと評価している。そう意味では、チャーラップは、自らの音楽の主戦場は米国よりは欧州にシフトすべきだろう。この『'S Wonderful』のチャーラップの音世界は、実に個性的で魅力的だ。

もっともっと、チャーラップのリーダー作を聴かなければ、そう思わせる優秀盤である。

 
 

震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 日本女性ジャズ・ボーカルの有望盤 | トップページ | 寺井尚子はガンガンに弾きまくる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56771802

この記事へのトラックバック一覧です: チャーラップのピアノの「個性」:

« 日本女性ジャズ・ボーカルの有望盤 | トップページ | 寺井尚子はガンガンに弾きまくる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ