最近のトラックバック

« 単純に良いジョシュアのライブ盤 | トップページ | 一息つきたくなる時に聴くジャズ »

2014年6月16日 (月曜日)

ジャズとポップスの境界線

ジャズは進化するにつれ、様々な他ジャンルの音楽要素を取り込み、その裾野はどんどん広がっていった。逆に、ポップスはジャジーなアレンジをベースに、ジャズをベースにしたポップスを創り出した。前者は「ジャズ」という音楽ジャンルで語られ、後者は「ポップス」という音楽ジャンルで語られる。

しかし、この「ジャズ」と「ポップス」の境界線がかなり曖昧になってきた。ジャズだ、と言い切ることもできず、ポップスと言い切ることが出来ない、どっちつかずのジャンル不明なアルバムが少しずつ出てきた。例えば、このアルバムも、そんな「ジャンル不明なアルバム」の一枚である。

Esperanza Spalding『Radio Music Society』(写真左)。唄う女性ベーシスト、エスペランザ・スポルティングの3枚目のアルバムになります。2011年夏の録音。2012年3月のリリースになります。ジャンルとしては「コンテンポラリー・ジャズ」となっていますが、かなりポップス色の強いアルバムです。

タイトルを日本語にすると「流行音楽同好会」って感じになるかな。エスペランザの言を借りると「ジャズ・ミュージシャンがいわゆる“ポップ・ソング”のフォーマットに近く分類される曲の形式やメロディを探求していくもの」だそうです。

まあ、簡単に言うと、ジャズメンがポップ・ソングをやったらこうなった、という感じのアルバムです。冒頭から5曲くらいは、どう聴いてもジャズでは無い。アレンジ的にもジャジーな雰囲気は希薄で、これってもう、単純にコンテンポラリーな米国ボーカル・ポップスでしょう、って感じです。

半ばくらいから、ビッグバンドをバックにしたような、ゴージャスなジャズ・アレンジな曲も幾つか出てきますが、アルバム全体の雰囲気は、ジャジーなアレンジをベースに、ジャズをベースにしたポップスです。共同プロデューサーとしてヒップホップ界の巨人Q-Tipが参加していますが、あからさまにヒップホップな演奏はありません。
 
 
Radio_music_society
 
 
ジャズという音楽ジャンルは裾野が広く、様々な他ジャンルの音楽要素を取り込み、そのバリエーションを広げ深めていった。が、あくまで、底に流れるリズム&ビートはジャジーであり、ファンキーである。そのジャジーであり、ファンキーなリズム&ビートが底に流れているが故に、その音世界は「ジャズ」というジャンルで語られるのだ。

しかし、このアルバムはどうなんだろう。少なくとも、このアルバムの底に流れるリズム&ビートについては、ジャジーな雰囲気は希薄であり、ファンクネスは軽くて乾いている。ボーカルもかなりポップな雰囲気であり、ジャズ・ボーカルのようなコクと粘りは無い。

確かに、「流行音楽同好会」と銘打っているだけに、優れた聴き易いポップスな雰囲気は、収録されたどの曲にも満載。12曲中の10曲が Esperanza による作詞・作曲。コード進行などは意外と複雑で、それでいて、聴き易いポップ性をねらっている感じの曲が多い。聴き易く、格好良くて今風。現代のポップスといては極上の出来と言えよう。

しかし、これを「ジャズ」と解釈するにはちょっとしんどい。ジャジーなアレンジを施した曲も何曲かはあるが、その曲だって、ポップス色優先な音作りである。これを「ジャズ」とするなら、ジャジーなアレンジを施したポップス曲はすべて「ジャズ」になってしまう(笑)。

家でお店で何かをしながら聴き流すには、実に心地良い、とても良く出来たアルバムだと思います。しかし、リーダーのジャズメンの成果として、その音世界と対峙して、シビアに聴き込むという類の、所謂「コンテンポラリー・ジャズ」な雰囲気ではありません。

ジャズを期待するとちょっと困ったちゃんなアルバムですが、ジャジーな極上ポップスとして聴くなら、かなり優れた好盤の一枚だと思います。
 
 
 

大震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 単純に良いジョシュアのライブ盤 | トップページ | 一息つきたくなる時に聴くジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56520444

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズとポップスの境界線:

« 単純に良いジョシュアのライブ盤 | トップページ | 一息つきたくなる時に聴くジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ