最近のトラックバック

« MJQ解散コンサートのライブ盤 | トップページ | キースの困ったちゃんなアルバム »

2014年6月27日 (金曜日)

フュージョン・ジャズの骨子

フュージョン・ジャズって、どんな雰囲気のジャズなんですかと問われれば、やっぱり、このアルバムは出すなあ。絵に描いた様なフュージョン・ジャズ。ジャズとAORとR&Bが融合した、万民向けのフュージョン・ジャズ。

そのアルバムとは、Geoge Benson『Breezin'』(写真左)。1976年のリリースである。時代はクロスオーバー・ジャズからフュージョン・ジャズへの移行時期。商業ロックに翳りが見え始めマンネリズムに陥り、AORは、兆しはあるが、まだ流行にはなっていない。そんな時代にこのアルバムである。

冒頭のタイトル曲「Breezin'」の前奏のリフを聴くだけで、このアルバムの成功は約束されたも同然。凄くキャッチャーで印象的なリフ。米国西海岸の爽やかな風のような、スピード感+爽快感なリフ。そんなリフに続いて出てくる、心地良いフレーズが爽快感抜群、躍動感抜群。やはり、フュージョン・ジャズの主役はエレギやなあ〜、と感じ入る。

続く2曲目「This Masquerade」。レオン・ラッセルの名曲。カーペンターズの歌唱で有名。そんな米国ポップスの名曲をカバっている。唄うジャズ・ギタリスト、ジョージ・ベンソンの面目躍如、ソフト&メロウなAORを先取りする、柔らかくもコクのあるベンソンの歌唱は一級品。思いっきりムーディーな、それでいて切れ味のある歌唱。
 

George_benson_breezin

 
冒頭の「Breezin'」と2曲目の「This Masquerade」の2曲で、このアルバムはフュージョン・ジャズの名盤となることを約束されたと言って良い。それほどまでに優れた演奏で有り、優れたボーカルである。この2曲がソフト&メロウなフュージョン・ジャズの雰囲気とアレンジの方向性を決定付けた。

3曲目の「Six To Four」以降の曲も、いずれの曲も出来が良い。ソフト&メロウなフュージョン・ジャズが、爽やかにリズミカルに駆け抜ける。4曲目の「Affirmation」は、ホセ・フェリシアーノの作った「アファメイション」のカバー。ベンソンの壮絶なアドリブが聴ける。フュージョン・ジャズは緩いなどと言ってはいけない。このベンソンのアドリブは凄い。

ドラムスのハービー・メイソンのちょっとラフで余裕のあるノリが良い。クラウス・オーガマンの弦のアレンジも、ちょっと古さと懐かしさを感じつつも秀麗。このアルバムは、フュージョン・ジャズの代表的メンバーが集結した優れものであるとも言える。主役のベンソンだけが目立つのでは無い。アルバム全編に及ぶ全ても演奏が充実しているのだ。

聴き直してみて、やっぱりこの『Breezin'』は、フュージョン・ジャズの名盤の一枚。フュージョン・ジャズとは何か、と問われれば、僕はこのアルバムを差し出す。このアルバムには、フュージョン・ジャズの骨子が詰まっている。

 
 

震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« MJQ解散コンサートのライブ盤 | トップページ | キースの困ったちゃんなアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56627921

この記事へのトラックバック一覧です: フュージョン・ジャズの骨子:

« MJQ解散コンサートのライブ盤 | トップページ | キースの困ったちゃんなアルバム »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ