最近のトラックバック

« キースの困ったちゃんなアルバム | トップページ | 今風のフュージョン・ジャズです »

2014年6月29日 (日曜日)

「追悼、ホレス・シルバー」です

ホレス・シルバーが鬼籍に入りました。2014年6月18日に逝去、85歳。ホレス・シルバーは、コネチカット州ノーウォーク出身のジャズ・ピアニスト。ファンクネス溢れるバップなピアノが個性のピアニストでした。最近、活動の情報が伝わって来なかったので、ちょっと心配していた矢先の訃報だった。

ホレスのピアノは、叩き出すフレーズというフレーズにファンクネスを湛え、ホレスのピアノはファンキーそのもの。ファンキーなピアノとは如何なるものか、と問われれば、僕は、このホレスの代表作を2〜3枚、聴いて貰うことにしています。

そんなホレスが遂に鬼籍に入ってしまいました。残念です。最近、生存するジャズ・レジェンドが次々と鬼籍に入っていくので、ちょっと精神的に参ってしまいますよね。元気に演奏していた、若いことから馴れ親しんでいたジャズ・レジェンドが鬼籍に入るのを見届けるのは辛いものがあります。

さて、そんなホレス・シルバーを追悼するに相応しいアルバムは、と思い、色々とCD棚を物色してみました。ブルーノート時代のハードバップなリーダー作は当然なんですが、僕は、このアルバムのホレスのプレイが好きで、今回、追悼・ホレス・シルバーとしては、この1997年リリースの『A Prescription For The Blues』(写真左)を選択しました。

この『A Prescription For The Blues』は、邦題は『ブルースに処方箋』。1997年5月の録音になります。ちなみにパーソネルは、Horace Silver (p), Randy Brecker (tp), Michael Brecker (ts), Ron Carter (b), Louis Hayes (ds)。
 

Hrace_silver_prescription_for_the_b

 
ホレスに、ベースのロン、ドラムのヘイズというベテランというか、ジャズ・レジェンド級のピアノ・トリオをリズム・セクションに、ランディとマイケルのブレッカー兄弟がフロントを張るという魅力的な布陣です。

アルバム全体の雰囲気は、ファンクネス溢れるハードバップ大会。まず、ホレスとロン、ヘイズのピアノ・トリオのファンクネス溢れる展開がアルバム全体の雰囲気をガッチリと固める。そして、ブレッカー兄弟の登場である。これだけ、ファンキー・ハードバップな雰囲気で固められているのだ。ブレッカー兄弟もそれに応えなければならない。

いやいや、素晴らしいですね。ランディのペット、マイケルのテナー、どちらも思いっきりハードバップしています。しかも、これだけファンクネスを漂わせたアドリブが展開できるなんて、ちょっとした驚きです。器用というより才能でしょう。実に懐の深い演奏を繰り広げていて良い雰囲気です。

そう言えば、ブレッカー兄弟って、若いころ、彼らはホレスのバンドに在籍していたことを思い出しました。道理でファンキー・ジャズにフィットするはずです。納得。

このアルバムでの、ホレス御大のプレイについては申し分ありません。1997年と言えば、1928年生まれのホレスは69歳。レジェンドの域に達したホレスのプレイはもはや揺るぎはありません。ファンクネス抜群のバップなピアノを叩き出して行きます。

ホレスのピアノは、ファンクネス溢れるバップなピアノが個性。これは意外と唯一無二。実に個性溢れるファンキー・ピアニストでした。多くのリーダー作を残してくれているので、彼のファンキー・ピアノを愛でるには事欠きませんが、彼の元気な姿を見ることが出来無くなると思うと、やはりちょっと寂しいですね。合掌。

 
 

震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« キースの困ったちゃんなアルバム | トップページ | 今風のフュージョン・ジャズです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56646867

この記事へのトラックバック一覧です: 「追悼、ホレス・シルバー」です:

« キースの困ったちゃんなアルバム | トップページ | 今風のフュージョン・ジャズです »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ