« ビ・バップの祖、アルトの祖 | トップページ | 梅雨に爽快、英国クロスオーバー »

2014年6月11日 (水曜日)

ブラコン度の高いベンソン盤

今年の梅雨は男性的。というか思いっきり男性的。我が千葉県北瀬部地方も、梅雨入り宣言があった途端にほとんど雨の日々。地方によっては集中豪雨。ほとんど晴れることは無く、どんより曇りか雨の毎日。

これだけ雨が降ると、湿気も凄くて毎日ジメジメ。天気の悪さも手伝って、なんだか気分が滅入ってくる。気分が滅入って、人生、ろくな事は無い。何か景気付けになる音楽は無いのかと物色を始める。

やはり、僕にとっての景気付けのジャズは、フュージョン・ジャズ。何かノリが良くてスカッとするフュージョン・ジャズは無いのか、と物色していたら、ふと「ジョージ・ベンソン」が頭に浮かんだ。

ジョージ・ベンソンとは、フュージョン・ジャズの巨人で、デビュー当時は、ウエス・モンゴメリーの再来と言われ、ハイ・テクニックでセミアコを弾きまくるその様は、確かにウエスの再来という感じがする。しかし、そのウエスの再来は、徐々に歌い始めるのだ。そして、歌うフュージョン・ギタリストとして、大人気を博することになる。

その「歌うフュージョン・ギタリスト」としての人気を確立するのが、1976年リリースの『Breezin'』。冒頭のタイトル曲はシングル曲としても大ヒットした。爽やかな飛翔感溢れるギターの調べとノリの良いリズム・セクションが素晴らしかった。 

で、今日、景気付けのフュージョン・ジャズとして選んだのが、このGeorge Bensonの『In Flight』(写真左)。先の大ヒットアルバム『Breezin'』の次のアルバム。1977年のリリースになる。バック・ミュージシャンは、ベンソン馴染みのスタジオ・ミュージシャンで占められているらしく、知った名前は、Harvey Mason (ds), Ralph MacDonald (per) くらいかな。
 

In_flight

 
それでも、この『In Flight』というアルバム、芳しきファンクネスが色濃く漂い、ブラック・コンテンポラリー度がとても高い。ジョージ・ベンソンは、歌うギタリストとして、ソフト&メロウなフュージョン・ジャズで一世を風靡した印象が強いが、実は、彼のギターとボーカルは、ブラコン度が高いものが多い。

加えて、この『In Flight』、ベンソンがギターを弾きまくっている。適度に太く、高テクニックで弾きまくるセミアコは爽快感抜群。アドリブ・フレーズもキャッチャーで聴き終えた後、スカッとする。太く、テクニック良く、ブラコン度が高いセミアコを聴かせるアルバムとしては、この『In Flight』が一番だと感じている。

アルバムの内容はとてもこなれている。それもそのはず、このアルバムは『Breezin'』に続く、フュージョン・ジャズのヒットアルバム請負人トミー・リピューマのプロデュース。確かに良くプロデュースされている。

けれど、Claus Ogermanの指揮だからといって、このアルバムにストリグスは要らなかったと思う。ベンソンのアルバムの中でも、ブラコン度がかなり高いアルバムである。そんな濃ファンクネスでR&Bなアルバムに甘いストリングスは似合わない。このストリングスの存在だけが、この『In Flight』というアルバムのマイナス要素である。

ファンクネス漂い、ブラコン度が高い、フュージョン・ジャズとしてほど良くプロデュースされたアルバムである。内容的にも徹頭徹尾ノリが良く、聴いていて爽快感抜群。実は、この『In Flight』というアルバム、僕にとっては、ベンソンのかなり高位に位置するお気に入りのアルバムなのだ。

 
 

大震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ビ・バップの祖、アルトの祖 | トップページ | 梅雨に爽快、英国クロスオーバー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラコン度の高いベンソン盤:

« ビ・バップの祖、アルトの祖 | トップページ | 梅雨に爽快、英国クロスオーバー »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー