最近のトラックバック

« ジャズ・メッセンジャーズの個性 | トップページ | テナー4本+ピアノトリオな異色盤 »

2014年6月24日 (火曜日)

楽しく聴けるMJQのライブ盤

今日は「MJQ」と言っても、Manhattan Jazz Quintet の「MJQ」では無く、伝説のカルテット、Modern Jazz Quartetの「MJQ」のアルバムのお話しを。

Modern Jazz Quartet(以降MJQと略す)は、底にジャジー&ブルージーな雰囲気をしっかりと漂わせつつ、お洒落で流麗な、クラシックの室内楽的な響きと展開が個性の伝説のカルテットである。

リズム・セクションであるピアノ・トリオにヴァイブが加わる変則カルテット。ちなみにパーソナルは、Milt Jackson (vib), John Lewis (p), Percy Heath (b), Connie Kay (ds)。1952年に結成以来の鉄壁のメンバーである。

MJQについては、僕がジャズを聴き始めた頃、1978年は解散状態だった。そう、MJQは1974年に一旦解散している。その解散コンサートの様子は『The Complete Last Concert』としてリリースされている。当時、MJQの解散は、ジャズ者にとって、かなりショッキングな出来事だったそうで、このライブ音源を聴くと、聴衆の悲しみがひしひしと伝わって来る。

しかし、何が起こるか判らないのが人生である。この解散したMJQが、1981年に突如として再結成される。メンバーは全く一緒。当時、ジャズを聴き始めて4年目のジャズ者初心者だった僕は狂喜乱舞であった。

そう、僕はMJQのアルバム『Django』を耳にして以来、MJQが大のお気に入り。その大のお気に入りのMJQが突如、再結成されたのだ。いやいや本当に驚いた。
 

Mjq_reunion_1981

 
その再結成時のライブ音源が『Reunion at Budokan 1981』(写真左)としてアルバム化されている。 1981年10月19 & 20日、日本武道館での録音である。これがまあ、感動の名演なのだ。

それもそのはず、演奏する側も演奏を聴く側も、双方、再結成の喜びが満ち溢れている。特に、演奏を聴く側の盛り上がりは尋常では無い。1曲1曲、演奏が終わる度に万雷の拍手拍手。演奏中は物音一つ立てない、水を打ったような静けさ。当時の聴衆の、MJQを目の前で見て音を聴く喜びがこのライブ盤からビンビンに伝わって来る。

演奏する側も素晴らしい演奏で応える。曲が進むにつれ、熱気を帯びてくる。お洒落で流麗な、クラシックの室内楽的な響きと展開が個性の伝説のカルテットMJQが、熱気溢れる演奏を繰り広げる。ジャジーでファンキーなMJQの演奏。やはり、MJQのベースは純ジャズである。

MJQは、節目節目で、3種類のライブ盤をリリースしている。まずはメジャーな存在となり、ヨーロッパへツアーに出た時のライブ音源の『European Concert』。そして、先にご紹介した1974年解散時の『The Complete Last Concert』。そして、再結成時の『Reunion at Budokan 1981』。

僕はこの『Reunion at Budokan 1981』が一番楽しく聴ける。再結成時の喜びが満ちあふれ、明るい雰囲気が心地良い。結成以来、29年が経った時点の円熟の極み。テクニック優秀、歌心満載。素晴らしい聴衆に恵まれ、覇気溢れる名演の数々。音楽家集団として一番充実した時期の、安心感、安定感抜群のライブ音源なのだ。

 
 

大震災から3年3ヶ月。決して忘れない。まだ3年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ・メッセンジャーズの個性 | トップページ | テナー4本+ピアノトリオな異色盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56599840

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しく聴けるMJQのライブ盤:

« ジャズ・メッセンジャーズの個性 | トップページ | テナー4本+ピアノトリオな異色盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ