« 1966年『The Secret Sessions』 | トップページ | やや中途半端なカークのアルバム »

2014年5月26日 (月曜日)

寺井尚子の最新作『Very Cool』

もともと、寺井尚子のジャズバイオリンはお気に入りである。ジャズバイオリンと言えば、純ジャズ系ではステファン・グラッペリ、フュージョン系ではジャン・リュック・ポンティくらいしか、演奏家の名が浮かばない。ジャズとして、いわゆる「希少」な楽器ジャンルである。

寺井尚子のジャズバイオリンは、純ジャズとしてはステファン・グラッペリ、フュージョンとしてはジャン・リュック・ポンティと比肩するテクニックとセンスを持っており、世界のレベルで十分勝負出来るものだ。

初リーダー作『Thinking of You』は、バップ・チューン「Donna Lee」の超絶技巧な演奏をベースに、純ジャズとしてのジャズバイオリンの秀作だった。それから、ずっと純ジャズとフュージョンを上手くミックスした「ジャジーなアルバム」をリリースしてきた。

しかし、どうも『My Song』あたりから、ジャズ・アルバムというよりは、イージーリスニング寄りの耳当たりの良い、聴き心地の良いアルバムをリリースするようになったなあ、という印象があって、どうにもこれはなあ、という感じで、寺井尚子のアルバムからは暫く遠ざかっていた。

が、今回の新作、寺井尚子『Very Cool』(写真左)は久し振りに「ジャジーなアルバムの雰囲気」。北島直樹 (p), 店網邦雄 (b), 中沢剛 (ds) による気心知れたレギュラーメンバーのトリオ演奏をバックに、寺井尚子がバイオリンを弾きまくるという、従来のジャジーな演奏スタイルが戻って来たようなのだ。
 

Naoko_terai_very_cool

 
しかも、ヴァイブの山本玲子、クオシモードのパーカッション松岡Matzz高廣がゲスト参加。バイオリン一本のフロントだと曲によっては、どうしてもイージーリスニング風の展開になってしまいがちなところを、ヴァイブの参加が上手くクリアしている。パーカッションの参加もグッド。ドラム一本で単調になりがちなリズム&ビートをバリエーション豊かにしている。

選曲もジャズっぽくて良い。1曲目の「Manha De Carnaval」、3曲目の「Cantaloupe Island」、7曲目の「Tempus Fugit」、8曲目の「Everything Happens To Me」の存在に思わずニンマリ。

加えて、ヴァイブの山本玲子、クオシモードのパーカッション松岡Matzz高廣のゲスト参加ということで、今回はきっと、純ジャズとフュージョンを上手くミックスした「ジャジーなアルバム」になっていると踏んで、久し振りにアルバムをゲット。

確かに、この『Very Cool』は、久し振りにジャジーな内容。2曲目の「Quizas. Quizas. Quizas」の存在には首を傾げたくなるが、その他の曲の選曲とアレンジ、プロデュースについては、純ジャズとフュージョンを上手くミックスした「ジャジーな雰囲気」。最後まで、ジャジーな感覚で楽しむことが出来ます。

やはり先に挙げた「ニンマリする選曲」である、「Manha De Carnaval」「Cantaloupe Island」「Tempus Fugit」「Everything Happens To Me」が良い出来だと思います。山本のヴァイブも松岡Matzz高廣のパーカッションも、ファンクネスは仄かに香る程度で、シンプルでストレート。様々なアレンジ、ニュアンスに適応するもので、これもグッド。

寺井尚子のバイオリンは優秀。テクニックも更に高みに達した感がある。バイオリンの音も豊か。アルバム全体の録音も優秀。久し振りに寺井尚子のアルバムをジャジーな感覚で楽しむことが出来ました。

 
 

大震災から3年2ヶ月。決して忘れない。まだ3年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 1966年『The Secret Sessions』 | トップページ | やや中途半端なカークのアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺井尚子の最新作『Very Cool』:

« 1966年『The Secret Sessions』 | トップページ | やや中途半端なカークのアルバム »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー