最近のトラックバック

« やや中途半端なカークのアルバム | トップページ | ブルーベックの「米国の印象」 »

2014年5月28日 (水曜日)

プログレなボストンのアルバム

昨年の12月の事になるが、ボストンが11年ぶりの新作『Life, Love & Hope』をリリースした。いやいや、懐かしいバンド名である。今となっては、ボストンというバンド名を知っているロック者は数少ないだろう。

ボストン(Boston) は、トム・ショルツによる作詞作曲、編曲、演奏、サウンド・エンジニアリング、総合プロデュースとレコーディング・プロセスの殆ど全てを行ったソロ・プロジェクト。代表的なアルバムは、『Boston (幻想飛行)』『Don't Look Back』の2枚が挙げられる(2008年9月7日のブログ参照・左をクリック)。

アルバムのジャケットにある「No Computers」「No Synthesizer Used」とか「ハンドクラップは全て本物の手拍子」のクレジットが「ヲタク」度を増幅させる(笑)。この「ボストン」がプログレッシブ・ロックの範疇に属するのか否かという議論を良く聞いた。

確かに最初の2枚『Boston (幻想飛行)』『Don't Look Back』はプログレッシブ・ロックかと問われれば躊躇する。インスト中心ではあるんだが、曲はそう長くなく、組曲風でもない。歌詞は思索的どころか、青春ドラマのように判り易く、クラシックやジャズの要素はほとんど無い。良質なアメリカン・ポップ・ロックとした方がすわりが良かった。

しかし、僕がボストンの最高傑作として愛聴している『Third Stage』(写真左)は、完璧にプログレッシブ・ロックの範疇に属する名盤である。1978年リリースの『ドント・ルック・バック』以降、音沙汰の無かったボストンが、1986年に突如として、スタジオアルバムをリリースした。それがこの『Third Stage』である。
 

Boston_third_stage

 
1986年という時代、プログレッシブ・ロックはほぼ絶滅していた。なんとか生き存えていたのはイエスとキング・クリムゾンくらい。他は絶滅したといって良い。そんな時代に、ボストンは完璧にプログレなアルバムを唐突に世に問うている。本当に不思議なトム・ショルツである(笑)。

プログレッシブ・ロックの定義は、演奏形態は「インストルメンタル中心」で、「曲が長く(つまり長尺モノということ)、歌詞は思索的であり(つまりは理屈っぽく)、クラシックやジャズの要素がふんだんに散りばめられており(つまりはアーティスティック)、しかも、変速拍子の嵐(単調でなく、バラエティに富む)」。そして、曲の展開は仰々しく、メリハリがあってドラマチック。

このボストンの『Third Stage』は、このプログレッシブ・ロックの定義をほぼ満たしている。しかも、先達のどのプログレ・バンドにも全く似ていない、どのプログレ・アルバムの引用も無い、ボストンならではの個性をアルバムに満載している。これが「偉い」(笑)。プログレッシブ・ロックな演奏として全く新しい音なのだ。

このアルバムを入手したのは、1986年にアルバムがリリースされた10年後、1996年にCDで入手した。あまり期待せず、ボストンというバンド名が懐かしくて入手に踏み切ったのだが、これが望外の内容で、ビックリするやら嬉しいやら(笑)。往年のプログレ者の僕としては、思いっきり溜飲を下げたのだった。

ジャケット・デザインもシンプルで素敵。ジャケットも明らかにプログレッシブ・ロックしていますね。良いアルバムです。

 
 

大震災から3年2ヶ月。決して忘れない。まだ3年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« やや中途半端なカークのアルバム | トップページ | ブルーベックの「米国の印象」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56339866

この記事へのトラックバック一覧です: プログレなボストンのアルバム:

« やや中途半端なカークのアルバム | トップページ | ブルーベックの「米国の印象」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ