最近のトラックバック

« プログレなボストンのアルバム | トップページ | ヴィダルのカバーに耳を傾ける »

2014年5月29日 (木曜日)

ブルーベックの「米国の印象」

デイヴ・ブルーベックとポール・デスモンドのコンビは、1951年の出会いから延々と続く。最低15年はベッタリだったと思われる。そして、このコンビは、米国での人気は上々で、毎年1〜3枚のペースでアルバムをリリースしたりしている。

それだけ多くのアルバムをリリースしていると、通常のアプローチ、いわゆるスタンダード曲中心にオリジナル曲2〜3曲か、若しくはスタンダード集で攻めると確実に飽きる。聴く方も飽きるし、演奏する方も飽きる(笑)。そこで、このデイヴ・ブルーベックとポール・デスモンドのコンビは、3つのシリーズ物を仕立てて、そんな「飽き」を回避しようとした。

その3つのシリーズ物とは、まずは、かの『Time Out』に代表される変拍子を駆使したプログレッシブな「タイム」シリーズ、米国の大学を訪問して回ったライブ音源を基にした「カレッジ」シリーズ、そして、様々な国や土地の印象を音で綴った「ジャズ・インプレッションズ」シリーズ。 

日本で一番マイナーなシリーズが、三番目の「ジャズ・インプレッションズ」シリーズである。何故か日本では受けが悪い。恐らく、ジャズというアーティスティックな音楽で国や地方を紹介するというアプローチが、思いっきり「キワモノ」っぽく感じるんだろう。特に、硬派で真面目なジャズ者の方々からしてみたら、許せない行為、なんだろうな。

でも、この「ジャズ・インプレッションズ」シリーズって、アバウトな米国人っぽくて聴いていて面白い。どうしてこうなるかなあ、という様なアプローチが出てきたりして思いっきりズッこけたりする。しかも、デイヴ・ブルーベックとポール・デスモンドのコンビは、極めて真面目に演奏しまくるのだ。

そんな「ジャズ・インプレッションズ」シリーズの筆頭が、Dave Brubeck『Jazz Impressions Of U.S.A.』(写真左)。1956年11月の録音。ちなみにパーソネルは、Paul Desmond (as), Dave Brubeck (p), Norman Bates (b), Joe Morello (ds)。もうドラムは、「タイム」シリーズで名を馳せたジョー・モレロが担当しているとは、ちょっとビックリ。
 

Jazz_impressions_of_usa

 
日本では、LP時代から、この 『Jazz Impressions Of U.S.A.』はリイシューされることは少なかったと記憶している。CDとしても、やっと最近リイシューされたくらいだ。本当に日本では人気の無い「ジャズ・インプレッションズ」シリーズである。

では、アルバムの内容は、と問えば、これが出来が良い。ブルーベック・カルテットとしても上位にランクするんじゃないか。ブルーベックのピアノも過剰にスクエアにスイングすること無く、端正にして明快。現代音楽風のアブストラクトな展開もここには無い。

デスモンドのアルトも過剰にソフト&メロウに走ること無く、端正にして明快。ベイツのベースはブンブン野太い低音でビートを支え、モレロのドラムは切れ味良くリズムをキープする。充実した共演者に恵まれ、カルテットは軽快に疾走する。

後の十八番となる「Summer Song」の初演が良い。美しくも明るいポジティブな演奏は、ブルーベック・カルテットならではのもの。冒頭の「Ode to a Cowboy」の米国のフォークソングを聴く様な軽快なフレーズが楽しい。実はこのアルバムの全8曲は、全てブルーベックのオリジナルである。ブルーベックの作曲による「米国の印象」。

聴いていて楽しい、聴いていて感じ入る、なかなかの内容のアルバムである。「米国の印象」というタイトルを抜きにしても、ブルーベックのオリジナル曲が魅力的な佳作である。このアルバムがなかなかリイシューされないのは不思議と言えば不思議。

日本には、ブルーベック・カルテットについて、聴かず嫌いのジャズ者が結構多くいるんじゃないかなあ。

 
 

大震災から3年2ヶ月。決して忘れない。まだ3年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« プログレなボストンのアルバム | トップページ | ヴィダルのカバーに耳を傾ける »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56349850

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベックの「米国の印象」:

« プログレなボストンのアルバム | トップページ | ヴィダルのカバーに耳を傾ける »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ