« ジャズ・ボーカル盤は歌伴に注目 | トップページ | ブルーベックが歌伴を務めた盤 »

2014年4月14日 (月曜日)

ブルーベックの印象が変わります

僕はこのアルバムの存在を知らなかった。もともと、このジャズ・ピアニストは日本で人気が無い。特に、年配の評論家の皆さんに受けが悪い。あのマイルス・デイヴィスをして「あんなスイングしないピアニストはいない」と、けちょんけちょんである。

そのジャズ・ピアニストの名は「ディブ・ブルーベック(Dave Brubeck)。そして、そのブルーベックのソロ・ピアノ盤がある。そのソロ・ピアノ盤とは『Brubeck Plays Brubeck』(写真左)。1956年4月18〜19日の録音。ブルーベックの完全ソロ・ピアノ。

ピアノだけを聴くと、スイング感は希薄で、それでいて流麗な、流れる様なピアノのフレーズ。しかし、タッチは硬質でクラシックのタッチでは決して無い。あくまで、ジャズ畑のピアニストのタッチ。

加えて、ブルーベックのピアノは、前衛的なクラシックの様なピアノを応用しているので、流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングすることは出来ない。ブルーベックは、クラシックの4拍子の流れの様に、スクエアに「スイング」する。

アフリカン・アメリカンの流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングするのでは無く、ヨーロッパのクラシックの様に縦に揺れるように、オフビートにスイングする。この個性的で独特な「スイング感」をどう感じるかで、ディブ・ブルーベックに対する好き嫌いが決まるような気がする。

このソロ・ピアノ盤『Brubeck Plays Brubeck』は、そんなブルーベックのピアノの個性が満載。このソロ盤を聴けば、ブルーベックのピアノとは如何なるものかが良く判る。思いっきり、スクエアにスイングしている。
 

Brubeck_plays_brubeck

 
そして、面白いのは、スクエアなノリなのに、このソロ盤では、ブルーベックはなかなかにリリカルでロマンティック。流れる様な、美しいフレーズが意外と言えば意外。スクエアなノリを最小限の押さえながら、流麗なフレーズを紡ぎ出していくブルーベックは意外に繊細だ。

このブルーベックのソロ盤を聴くと、ブルーベックのピアノに対するネガティブな印象が揺らぐこと請け合い。ブルーベックのピアノはソロになると、流麗な美しい響きのピアノに早変わりする。タッチは硬質ではあるが適度なもので、心地良い硬さ。ビート感、スイング感が希薄なので、クラシック系のピアノ・ソロの様な、リリカルな雰囲気が強調される。

5曲目の「Weep No More」だけが、 Tom Adair / Dave Brubeck / Gordon Jenkins の共作で、残りの8曲は、Dave Brubeckのオリジナル。自らのピアノが映える自作曲をしっかりと用意して、自らのピアノをしっかりとアピールしている。さすが、作曲の才あるブルーベックである。

今やスタンダード曲となった「In Your Own Sweet Way」もブルーベックの曲で、なんと、このソロ・ピアノ盤『Brubeck Plays Brubeck』が、この曲の初出とのこと。へ〜知らなんだ。

僕はこのソロ・ピアノ盤『Brubeck Plays Brubeck』の存在を知らなかった。聴いてビックリ。このアルバムでの個性を鑑みれば、今までの日本でのブルーベックの評価は的外れなのがとても良く判る。

やはり、自分の耳で聴いて、自分で判断することがジャズでは大切、と再認識した次第。ジャズ・ピアノのマニアの方にお勧めのソロ盤です。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ・ボーカル盤は歌伴に注目 | トップページ | ブルーベックが歌伴を務めた盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベックの印象が変わります:

« ジャズ・ボーカル盤は歌伴に注目 | トップページ | ブルーベックが歌伴を務めた盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー