最近のトラックバック

« ネイザン・イーストの初ソロ作 | トップページ | ニューヨークの溜息の決定的名盤 »

2014年4月 9日 (水曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・40

ジャッキー・テラソンは、1965年11月、ドイツのベルリン生まれ。今年は49歳になって、中堅どころのポジションに位置するジャズ・ピアニストの一人である。彼のメジャー・デビュー作『Jacky Terrasson』は、1994年のリリースだから、今年はメジャーデビューして20年の節目の年になる。

1990年代から2000年前半にかけて、約1年に1枚のペースでリーダー作をリリースして、かなりの人気ぶりだったが、2000年半ば辺りから、そのリーダー作のリリースのペースが滞りがちになってきている。

まあ、リーダー作を出すだけが、ミュージシャンの価値では無いので、僕はあまり気にしないのだが、それでも、テラソンの新しいリーダー作が聴く頻度が少なくなるのは、ちょっと寂しい話ではある。

そんなジャッキー・テラソンのリーダー作の中で、僕が一番好きなアルバムがこれ。Jacky Terrasson『Smile』(写真左)。2002年1月の録音。ちなみにパーソネルは、Jacky Terrasson (p), Sean Smith (ac-b), Eric Harland (ds), Remi Vignolo (el-b, tracks 2, 4, 5)。

テラソンのピアノの個性は「とにかく弾きまくる」。それもしっかりと旋律を歌わせながら、高速手捌きで弾きまくる。音の強弱を極端につけて、音の陰影とメリハリを付けてはいるが、音が小さくても、密度の高い硬質なタッチでしっかりと音を押さえていく。音の強弱に関わらず、硬度の高いタッチは、テラソンの個性。

このバリバリに弾きまくる様は、一言で表現すると「現代ジャズのバップ・ピアニスト」。テラソンのインプロビゼーションは、明らかに「ビ・バップ」な弾き回しである。高速な弾き回し、ダイナミックな展開、旋律を歌わせ、秀逸な疾走感。誤解を恐れずに言うと「旋律が美しく、メリハリの効いたバド・パウエル」の様な雰囲気。
 

Jacky_terrasson_smile

 
そんな個性のテラソンではあるが、とにかく弾きまくるスタイルばかりではしんどい。まず、テラソン自身が疲れるだろう。メジャー・デビューして8年、この『Smile』では、テラソンも個性の幅を大きく広げている。

このアルバムでは、テラソンのもともとの個性である「とにかく弾きまくる」個性がメインではあるが、音の陰影、抑揚がダイナミックに付くようになっている。しかも、耽美派的な内省的な展開もあり、米国ルーツ・ミュージックをベースとした、フォーキーなフレーズや、ゴスペルチックなフレーズが加わった。

もともと、テラソンのリーダー作には、選曲の妙というものがあって、そのラインナップを見るとニヤリとしてしまうんだが、このアルバムでもそれがあって、とても楽しめる。主だったところでは「Smile」「Isn't She Lovely?」「Mo Better Blues」辺りかな。現代ジャズのバップ・ピアニストとしては「Nardis」「Autumn Leaves」「My Funny Valentine」などもユニーク。

デビュー当時は「弾きまくる」一辺倒で、それが個性で、それが魅力だった。が、8年経って「弾きまくる」から、演奏に幅が出て、フレーズにバリエーションが出て、表現に抑揚や陰影が豊かになって、とっても魅力的な、とっても素晴らしいピアニストになった。

テラソンのピアノの基本部分は「明るい」。その明るさがピッタリとフィットしている演奏が「Smile」。アレンジも良好、後半部分の米国ルーツ・ミュージックをベースとした、フォーキーなフレーズや、ゴスペルチックなフレーズが実に愛らしく、ポジティブ。

逆に「Isn't She Lovely?」は、ちょっと甘いR&Bの楽曲を、現代ジャズのバップ・ピアニストとして、完璧にビ・バップなアレンジでバリバリに弾きまくる。この「Isn't She Lovely?」は聴きものである。テラソンの個性の基本が良く判る。

バックでリズム&ビートを司るベース&ドラムも良好で、現代のピアノ・トリオとして、実に内容のあるアルバムだと思います。ジャケットもさり気なく硬派な面持ちで良い。テラソンのアルバムの中で、僕の長年のヘビロテ盤でもあります。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ネイザン・イーストの初ソロ作 | トップページ | ニューヨークの溜息の決定的名盤 »

コメント

松和のマスター様 こんばんは

多くの人と同様に
ジャズは後追いで定番から聴き始めました。
その後フュージョン辺りまでは時代を追ったのですが、
現代ジャズにまでは至らず
非常に情報に疎く、疎遠になってしまいました。
取り敢えず、おすすめのジャッキー・テラソンを聴いてみようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55710739

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・40:

« ネイザン・イーストの初ソロ作 | トップページ | ニューヨークの溜息の決定的名盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ