最近のトラックバック

« ニューヨークの溜息の決定的名盤 | トップページ | フリー・ジャズをバックに唄う »

2014年4月11日 (金曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・16

僕のジャズ・ボーカルの選び方って、どうも異端らしくて、ジャズ・ボーカルのマニアの方々が良いと言われる、名だたる女性ボーカリストの歌声が、どうにも、ちょっと苦手なのだ。

あまりに情感を入れすぎているというか、情感過多というか、仰々しいというか、確かに凄いテクニックには違いないのだが、もう少し、聴く方の身になって唄って欲しいと思ってしまうのだ。確かに、そういうところが異端なんだろうな。確かに、僕のジャズ・ボーカルの選び方って、ちょっと標準からは外れている。十分に自覚はしている。

だから、バーチャル音楽喫茶『松和』としても、ボーカル盤の選定はちょっと異質。ジャズ・ボーカルのベテラン・マニアの方々からは、マスターって、ボーカルが全く判ってないね、という話になる。でも、仕方が無いよな。聴きたくないものを、我がバーチャル音楽喫茶『松和』でかける訳にはいかない。

春になって、今年は寒暖の差が激しい、ちょっとドラスティックな気温の変化には閉口するが、それでも、冷え込むと言っても、もう真冬の寒さとは違う。やはり春である。ほんわか長閑な空気が部屋の中を流れる。こういう春の季節には、フュージョン系のボーカルが聴きたくなる。

ということで、今日の選盤は、土岐麻子『TOKI ASAKO "LIGHT!" 〜CM & COVER SONGS〜』(写真左)。土岐麻子の、rhythm zoneからリリースされたアルバム等から選曲されたベスト盤。CMソング、カバー曲で構成されていて、とにかく聴いていて楽しいことこの上無いアルバムである。

土岐麻子の声は実にユニーク。言葉で言い表すには、適当な言葉が見あたらないが、感覚的に言うと「くしゅっ、ふんわり、ふにゃふにゃ」。優しく癖が無く、安らぐような真っ直ぐな声。軽いスイング感とヴィブラートを乗せ過ぎない素直な歌唱。

加えて、土岐さんのボーカルには、ほのかなコケティッシュさを感じて、そこがまた「良い」。CDのスイッチを入れるやいなや、いきなり飛び込んでくる、ちょっと高めでふんわりした女性の声。 おおっ可愛いではないか、って感じ(笑)。ちなみに、土岐麻子のお父さんは、日本のベテラン・サックス奏者である土岐英史。

この土岐麻子のボーカル盤のどこがジャズなんじゃい、なんて憤るジャズ者ベテランの方がいらっしゃるかと思います。3曲目の「Waltz for Debby」を聞いて欲しい。このビル・エバンスの手なる名曲、土岐麻子のボーカルは、しっかりとコンテンポラリー・ジャズな雰囲気を醸し出している。
 

Toki_asako_light

 
加えて、9曲目の「Human Nature」。マイケル・ジャクソンの名曲のカバーなのだが、1980年代、マイルス・ディヴィスがこの曲を採り上げて、スタンダード化した。この曲を、土岐麻子は、とりわけコンテンポラリーなフュージョン・ジャズ風に唄い上げていく。聴き応え満点だ。雰囲気はジャズ。とってもジャジーな雰囲気が堪らない。

他の曲だってそうだ。バックのリズム・セクションのリズム&ビートが、オフビートで、ファンクネスこそ感じないまでも、しっかりとジャジーなリズム&ビートが歌の底辺を漂っていて、このアルバムの内容を敢えてジャンル付けするならば「コンテンポラリーなフュージョン・ジャズ」。決して、ロックでも無ければ、ポップスでも無い。

どの曲もそのアレンジとその歌唱が「アウト」なのだ。つまり、他とは明らかに違う、他とは明らかに異なる表現というものを、明確に意識している。それが良い。それが土岐麻子の個性である。この個性がある限り、このアルバムの雰囲気は、僕にとっては、しっかりと「コンテンポラリーなフュージョン・ジャズ」なのだ。

カバー曲は、どの曲もとってもアレンジが良くて、土岐麻子のボーカルとバッチリとフィットしていて、聴いていてとても楽しい。ビートルズの「All You Need is Love」と「Lucy In The Sky With Diamonds」、忌野清志郎&坂本龍一の「い・け・な・いルージュマジック」、松田聖子の「小麦色のマーメイド」などなど、とにかく聴いていて楽しい。

こういうボーカル盤って、僕は大好き。土岐麻子の「くしゅっ、ふんわり、ふにゃふにゃ」なボーカルが、実にジャジーに響く。その歌唱の「アウト」な魅力。ジャズ曲のカバーは思いっきりジャズっぽく、ポップスはそこはかとなくリズム&ビートでジャジーに仕立てて、自作曲は曲自体のフレーズが実に魅力的。

僕にとっては、この土岐麻子のアルバムも「ジャズ」。コンテンポラリーなフュージョン・ジャズとして、我がバーチャル音楽喫茶『松和』では、この春の昼下がりによくかかる「季節もの」のヘビロテ盤です。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 
 

« ニューヨークの溜息の決定的名盤 | トップページ | フリー・ジャズをバックに唄う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55738987

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・16:

« ニューヨークの溜息の決定的名盤 | トップページ | フリー・ジャズをバックに唄う »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ