最近のトラックバック

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・15 | トップページ | クールな英国ブルース・ロック »

2014年3月20日 (木曜日)

ベニー・ゴルソンの印象が変わる

3月4日のブログ(左をクリック)で、「ベニー・ゴルソンを見直した」として、1962年12月の録音の『Free』をご紹介した。パーソネルは、Benny Golson (ts), Tommy Flanagan (p), Ron Carter (b), Art Taylor (ds)。フラナガン、ロン、テイラーの名盤請負リズム・セクションをバックにして、素晴らしいゴルソンのブロウだった。

その『Free』をご紹介したら、我がバーチャル音楽喫茶『松和』のお客さんから、このアルバムのゴルソンも良いよ、と教えて貰ったアルバムが、Benny Golson『Turning Point』(写真左)。おお、そうか、と感心しきり。さっそく、聴き直して見た。

1962年10月の30〜31日と11月1日の3日に渡るセッションからのスタジオ録音盤。ちなみにパーソネルは、Benny Golson (ts), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds)。

『Free』でのピアノが「名盤請負人」のトミー・フラナガンなら、こちらの『Turning Point』でのピアノは、マイルスをして「彼は演奏に火をつけるマッチの様な存在」と言わしめた、ハッピー・スインガーのウィントン・ケリー。

そして、ベースは「ハードバップのファースト・コール・ベーシスト」と謳われたポール・チェンバース。加えて、ドラムは、当時、マイルス・バンドで活躍した、柔軟で幅のあるドラミングが個性のジミー・コブ。このケリー、チェンバース、コブの硬軟自在なリズム・セクションをバックにした、ゴルソンのご機嫌なブロウが聴きもの。
 

Turning_point

 
『Free』と比べて、ハードバップでハッピーなスイング感が心地良く、演奏全体の雰囲気が明るく、適度に躍動的。確かに、この『Turning Point』のゴルソンも良い、というか、このアルバムでのゴルソンは、ウネウネ・テナーのゴルソンでは無い。思いっきりハードバップした、力強く小粋なブロウを展開しまくる、硬派なガッツリ・テナーである。

スロー・バラードの、ゴルソン・オリジナルの「Dear Kathy」と、超ジャズ・スタンダードの「Stella By Starlight」が突出して良い出来だ。このバラード・プレイを聴くと、このテナー奏者がベニー・ゴルソンなんて、誰も思わないのでは無いか。

といって、ちょっとウネウネした、ちょっと息が漏れる様な、ゴルソン独特のブロウの特徴を聴くことは出来るので、もしやゴルソンのテナーでは、と思っても、ゴルソンのテナーだとは言い切れ無いほど、このゴルソン・オリジナルの「Dear Kathy」と、超ジャズ・スタンダードの「Stella By Starlight」のバラード・プレイは力強く、躍動的。

確かに、この『Turning Point』でのゴルソンは良い。加えて、ケリー、チェンバース、コブのリズム・セクションが、硬軟自在でハードバップな雰囲気を色濃く漂わせ、演奏全体の印象として、ハードバップの最高峰の演奏のひとつ、と思わず感嘆してしまう。

良いアルバムです。ゴルソンのテナーを愛でるのに、『Free』も良いが、この『Turning Point』は、『Free』の更に一枚上を行く、上々の出来の秀作です。1962年のベニー・ゴルソンは隅に置けませんね。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・15 | トップページ | クールな英国ブルース・ロック »

コメント

気に入っていただけたようで結構でした。

1962年のKelly Trioは、6月にWes+GriffinとFULL HOUSE、そしてこのTURNING POINT、物凄い勢いだったのがわかります。なのに録音が少ないんですな。たぶん、Milesバンド在籍中でギャラが高騰したからじゃないか、とみてるんですが・・・。

その肝心のMilesバンドも1962年は録音ゼロ。ブートすらない。どういうこと?1962年のKellyをもっと聴きたいんですけどねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55450712

この記事へのトラックバック一覧です: ベニー・ゴルソンの印象が変わる:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・15 | トップページ | クールな英国ブルース・ロック »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ