« アズベリー・パークからの挨拶 | トップページ | 英国のフュージョン・ジャズの雄 »

2014年3月25日 (火曜日)

エバンスのホームグラウンド

ビル・エバンスは、彼の音楽遍歴の中で、節目となる時期には、必ず、ビレッジ・バンガードに帰って来る。そういう意味で、ビレッジ・バンガードは、ビル・エバンスのホームグラウンド的位置づけのライブ・ハウスである。

1974年、ビル・エバンスは、Fantasyレーベルと契約を結ぶ。その節目の時期に『Since We Met』(写真左)と『Re: Person I Knew』(写真右)の2枚のビレッジ・バンガードでのライブ盤を残している。パーソネルは、Bill Evans (p), Eddie Gomez (b), Marty Morell (ds)。1974年1月11,12日のライブ録音である。

エバンス+ゴメス+モレルのトリオは、1969年頃からの活動で、このビレッジ・バンガードでのライブ盤を出した時期は、1974年なので、既に5年余りが経過しており、その演奏内容は既に成熟の域に達している。ライブ収録されたどの曲も、ピアノ・トリオの演奏として素晴らしい出来である。

エバンスのピアノは、全体の傾向としてはアグレッシブなタッチではあるが、要所要所では繊細でリリカルな表現を織り交ぜていて、雄弁であり、バリエーションとメリハリ豊かなピアノである。聴き応え十分であり、ジャズ・ピアノのお手本として、聴きどころ満載である。

ゴメスのベースは太くて明確で、これまた雄弁。ゴメスが紡ぎ出すフレーズは、しっかりとエッジが立っていてメロディアス。ゴメスのベースは、エバンスのピアノと対等に渡り合う、柔軟かつ応用力のあるインプロバイザーである。とにかく、ベースラインが明確かつ雄弁。
 

Since_we_met_re_person

 
当初、叩きすぎなどと揶揄されたモレルのドラムは、ここに来て、エバンスのピアノとゴメスのベースとのバランスを良く考えた、良い塩梅なリズム&ビートを供給する。エバンスとゴメスのインプロビゼーションは明確にして雄弁。それに対して、叩きすぎず、少なすぎず、エバンスとゴメスのインプロビゼーションのリズム&ビートを支える、とっても良い塩梅のドラミングを繰り出して立派だ。

収録された曲を見渡すと、エバンスの自作曲と小粋なスタンダート曲とを上手く織り交ぜており、聴いていて楽しく、聴いていて興味深い。スタンダード曲については、エバンス独特の選曲基準があるみたいで、エバンスが弾いて「なるほど」と唸らせる、エバンスのピアノ、エバンスのアレンジが映えるスタンダード曲を上手く選曲している。

この『Since We Met』と『Re: Person I Knew』は、2枚一気に聴き通すことをお勧めする。それぞれに収録された演奏は甲乙付けがたい。どちらがどう、というものではない。1974年の節目の時期のビレッジ・バンガードのライブ音源として、一気に聴き通したい。

この1974年1月のビレッジ・バンガードのライブ以降、1980年9月15日に鬼籍に入るまで、ビル・エバンスのジャズメンの歴史としては、後期&晩年に当たる活動期になる。そういう意味でも、ビル・エバンスは、節目となる時期に、必ず、ビレッジ・バンガードに帰って来るのだ。

つまりは、この『Since We Met』と『Re: Person I Knew』の2枚のライブ盤は、そのビレバガに帰ってきた瞬間を捉えた、優れたライブ盤なのだ。このライブ盤は、エバンスのトリオ演奏として外せないライブ盤ですね。良い内容です。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« アズベリー・パークからの挨拶 | トップページ | 英国のフュージョン・ジャズの雄 »

コメント

松和のマスター様 こんばんは

「NIGHT AT BIRDLAND」でも続けて聴いたことがない自分にはハードルが高いですが、機会があれば2枚続けて聴いてみようかな、と思います。

「繊細でリリカルな表現」というのがこの頃のビル・エヴァンスの魅力ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エバンスのホームグラウンド:

« アズベリー・パークからの挨拶 | トップページ | 英国のフュージョン・ジャズの雄 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー