最近のトラックバック

« 英国のフュージョン・ジャズの雄 | トップページ | 春の季節の中で映えるウッズ »

2014年3月27日 (木曜日)

「スパニッシュ志向」なチック

チック・コリア(Chick Corea)は、スパニッシュ・テイストな音作りが個性。というか、チックはスパニッシュなジャズしかやらない、なんていう誤解に近い評価もあったりして、もっとちゃんとチックのアルバムを全部聴きなさい、ととある評論家には言いたくなる(笑)。

チック・コリアは、確かにスパニッシュ・テイストなジャズが得意ではある。が、徹頭徹尾、アルバムの頭から最後まで、スパニッシュ・テイストなジャズで通したアルバムは、実は数枚しか無い。アルバムに収録された何曲かはスパニッシュ・テイストなジャズなんてアルバムは沢山あるが、アルバム全体がスパニッシュ・テイストなジャズで満載なアルバムはなかなか無い。

先ずは『My Spanish Heart』(2011年2月6日のブログ・左をクリック)。1976年の作品。リリース当時LP2枚組のボリューム。1970年代中盤にリリースされた、コンテンポラリーなジャズ組曲なアルバム。タイトルから判る様に、チックの「スパニッシュ志向」を凝縮して、アルバムコンセプトとして、チックのコンポーザー&アレンジャーとしての才能を大いにふるった傑作アルバムである。

そして、2枚目が『Touchstone』(写真左)。1982年の作品。このアルバムもまた、徹頭徹尾「スパニッシュ志向」な内容で、1976年の『My Spanish Heart』の続編の様なアルバムである。とにかく、全ての曲でスパニッシュ・テイスト満載で、チック者にとっては堪らない内容。

当時のチックのレギュラーバンドに、ゲストとして、アコースティックギターとして、Paco de Lucia(パコ・デ・ルシア)、エレクトリックギターとして、Al Di Meola(アル・ディ・メオラ)を招聘しているところなんざあ、念が入っている。絶対にスパニッシュ・テイスト満載なアルバムを創るぞ、っていうチックの気合いが伝わって来る。
 

Chick_touchstone

 
それから、チックが「これ」というアルバムを創るときには、絶対に招集されるベーシスト、Stanley Clarkeもしっかりと参加している。そして、Return To Foreverなリズム&ビートを供給しているのは、やはりゲストとして招聘された、Lenny White。チックの奥さん、Gayle Moranの幻想的なスキャットもしっかりと入っている。

この参加ミュージシャンの顔ぶれを見ただけでも、このアルバムは、絶対に「スパニッシュ志向」な内容で統一されるのでは、という期待感を大いに持たせてくれる。そして、この『Touchstone』を聴けば、その期待は裏切られることは無い。素晴らしいスパニッシュ・テイストなジャズが、徹頭徹尾、展開される。

やはり、アコギのパコ、エレギのディメオラが効いている。この二人にスパニッシュ・テイストなギターを弾かせたら、それはもう絶品である。『My Spanish Heart』では、バイオリンやチェロなど、クラシックな弦楽器が大活躍だったが、この『Touchstone』では、パコのアコギ、ディメオラのエレギが大活躍。スパニッシュ・テイストな音作りには、弦楽器は欠かせない。

良い雰囲気のスパニッシュ・ジャズです。チック・コリアの面目躍如。しかし、このアルバム以降、しばらくの間、チックは、アルバム全体がスパニッシュ・テイストなジャズで満載なアルバムを創ることは無かった。だから、チックはスパニッシュなジャズしかやらない、なんていうのは大いなる誤解なんですよね。気を付けて下さい(笑)。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 英国のフュージョン・ジャズの雄 | トップページ | 春の季節の中で映えるウッズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55540875

この記事へのトラックバック一覧です: 「スパニッシュ志向」なチック:

« 英国のフュージョン・ジャズの雄 | トップページ | 春の季節の中で映えるウッズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ