最近のトラックバック

« ザ・スクエア初期の個性を愛でる | トップページ | サンタナのAORフュージョン化 »

2014年3月 4日 (火曜日)

ベニー・ゴルソンを見直した。

純ジャズもしっかり聴いている。最近、ちょっとサックスづいている。いろいろジャケットを見渡しながら、その内容を思い出しながら、なんだか雰囲気があいそうやなあ、と思うアルバムをピックアップして聴く。

このアルバムは、ジャケットが印象的なので良く覚えている。自画像のような前衛的な絵。これは誰のアルバムだろう。かなり尖ったミュージシャンのアルバムだろうと思いきや、それがまあ、このアルバムって、Benny Golson(ベニー・ゴルソン)のアルバムなんですね。

このアルバムは、Benny Golson『Free』(写真左)。1962年12月の録音。ちなみにパーソネルは、Benny Golson (ts), Tommy Flanagan (p), Ron Carter (b), Art Taylor (ds)。素晴らしいリズム・セクションである。この素晴らしいリズム・セクションをバックに、ベニー・ゴルソンがサックスを吹きまくる。

ベニー・ゴルソンって、今やテナー・サックスの大御所。1929年1月生まれだから85歳になる。まだ存命中。まだまだ現役である。ジャズメンって凄いよな。長生きのジャズメンって、現役で活躍し続ける人が多くて本当に感心する。

ベニー・ゴルソンと言えば、ファンキー・ジャズの演奏のアレンジとして、独特のユニゾン&ハーモニーの響きが特徴の「ゴルソン・ハーモニー」で有名。ゴルソンのアレンジの才は、ファンキー・ジャズのフォーマットで遺憾なく発揮されます。ちょっと聴けば、直ぐに「ゴルソン・ハーモニー」と判る。それだけ個性的なユニゾン&ハーモニーです。

では、ベニー・ゴルソンのテナー・サックスと言えば、あんまり評価が高くない。その茫洋としたフレーズの作り方、サックスの吹き出し方から、「ウネウネ・テナー」と揶揄され、締まりの無い、調子外れのよれよれテナーと揶揄されたりもする。確かに、そんな雰囲気はある。しかし、よくよく聴けば、しっかりと個性のある、味のあるテナーなんですよ、これが。
 

Benny_golson_free_2

 
この『Free』では、そんなベニー・ゴルソンの硬派で個性的で、ちょっとハードなテナーが聴ける。確かに、このアルバムでの、ゴルソンのテナーは溌剌としている。溌剌としていて、しっかりとハードバップしている。意外とこのアルバムは、ゴルソンの代表作の一枚かもしれない。それほどまでに、ゴルソンのテナーは充実している。

タイトルは『Free』だが、内容はフリー・ジャズとは全く関係が無い。内容的には、しっかりとしたハードバップ。ファンキー・ジャズの雰囲気は控えめ。ゴルソンのワンホーン・カルテットなので、ゴルソン・ハーモニーはお預け。それでも、このカルテットの演奏は、充実し成熟したハードバップを聴かせてくれる。

冒頭のこってこてのラテン・ジャズ曲「Sock Cha Cha」のテーマ部で、ちょっと不安にはなる。しかし、アドリブ部に入ってのゴルソンのテナーは硬派で溌剌としていて、実に良い感じだ。バックのリズム・セクションが飛び抜けて優れているからだろう、とにかく、気合いを入れて、朗々と吹き続けるゴルソンは良い。

5曲目の「My Romance」のバラード・プレイも良い。緩まず、タイトに、ゴルソンはテナー吹き上げていく。バックのフラガナンのピアノも良い。伴奏のフラナガンの面目躍如。まだまだ若手若造のロンのベースも控えめで良い。そして、職人ドラマー、テイラーのリズム&ビートが、演奏の底をビシッと締めている。

良いアルバムです。ジャズ盤紹介には全く名前の挙がらないアルバムですが、これはゴルソンの代表作の一枚として、諸手を挙げてのお勧め盤です。ちょっと風変わりなジャケット、そして、誤解を招くようなタイトルに惑わされてはなりませぬ(笑)。

 
 

大震災から2年11ヶ月。決して忘れない。まだ2年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 
 

« ザ・スクエア初期の個性を愛でる | トップページ | サンタナのAORフュージョン化 »

コメント

松和のマスター様
こんばんは

「My Romance」を聴いてみましたが、仰るとおり伴奏のピアノが素晴らしかったです。
甘いバラードですが、そのロマンティックなムードを全員で作り上げていて
心地よく聴けました。

ベニー・ゴルソンは、これまで他のリーダー作でここにも居るな、って感じで接していたのですがリーダー作も機会があれば聴いてみます。

GAOHEWGII さん、こんばんは。松和のマスターです。
 
ね、なかなか良いでしょう、このゴルソンの『フリー』というアルバム。

ゴルソンのリーダー作は、1950年代のものより、意外と1980年代の
純ジャズ復古以降のリーダー作になかなか良いものがあったりします。
また、このブログでご紹介したいと思います。
 

こんにちは。通りすがりのものですが、

ゴルソンのワンホーンなら

TURNING POINT [Mercury] 1962

も良いですよ。私はこれでゴルソンを見直しました。
リズム・セクションは、Kelly+Chambers+Cobbの
当時のマイルス・リズム・セクションですから、
悪いはずありません。

あまり知られていないアルバムですが、ちょっと
もったいない。

ゴルソンのあのウネウネ・テナーは、Joe Hendersonや
George Adams、そしてMichael Breckerに影響を
与えているような気がするんですが、気のせいでしょうかね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55237293

この記事へのトラックバック一覧です: ベニー・ゴルソンを見直した。:

« ザ・スクエア初期の個性を愛でる | トップページ | サンタナのAORフュージョン化 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ