最近のトラックバック

« サンタナ=ロック+フュージョン | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・26 »

2014年3月13日 (木曜日)

ジャケットに怯んではならない

昔、ジャケットに驚いて、一度は断念したアルバムである。それほど、このアルバムのジャケットは酷い。どうしたらこうなるのか、このジャケットをデザインした人、このデザインを採用した人に訊いてみたい。

Bill Evans 『Symbiosis』(写真左)。このジャケット・デザインは酷い。恐らく、ジャズのアルバム・ジャケットのワースト10に絶対入るであろう、そのケバさ、その趣味の悪さ。それでも、このアルバムは、かのモダン・ジャズ・ピアノの祖、ビル・エバンスのアルバムである。

しかも、このアルバム、タイトルは中身を語る。「Symbiosis」とは、和訳すると「共存、共生」。ビル・エバンスとオーケストラとの共演である。1974年2月の録音。ビル・エバンスは、オーケストラとの共演作を作りたくて仕方が無い。しかし、当時契約していたファンタジー・レコードには金が無い。でも、エバンスはどうしてもオーケストラとの共演作を作りたくて仕方が無い。

そんな予算的な問題をドイツのMPSレーベルが請け負うことになり、米国からは遠く離れた欧州からのリリースとなりました。ということで、このアルバム、商業的な成功には全く無縁だったそうです。でも、欧州のレーベルからのリリースが売れなかった理由じゃないでしょう。絶対にこのアルバム・ジャケットが原因だ(笑)。

しかし、内容はと言えば、それはそれは素晴らしいものです。オーケストラのアレンジは、クラウス・オガーマン。このオガーマンのアレンジが実に良く出来ている。エバンスのアコピ、エレピを全面に押し出し、エバンスの個性をしっかりと聴かせる、ジャズにおけるオーケストラの伴奏の王道を行く、古さを感じさせない、クールでお洒落なアレンジです。
 

Bill_evans_symbiosis

 
そして、このオガーマンのオーケストラをバックに、ビル・エバンスが、アコースティック・ピアノとエレクトリック・ピアノの両方を上手く使い分けつつ弾きまくります。それはそれは、気持ちよさそうに、アグレッシブに弾きまくります。これだけ、流麗に抑揚を付けて弾きまくるエバンスも珍しい。よっぽど嬉しかったんでしょうね、オーケストラとの共演が・・・。

オーケストラに乗った、エバンスの演奏の基本は、勿論、エバンス・トリオ。ベースはエディ・ゴメス(Eddie Gomez)、ドラムは、マーティ・モレル(Marty Morell)。特に、このオーケストラの共演で素晴らしい演奏を聴かせてくれるのは、エバンスのエレピ。このアルバムでのエバンスのエレピは秀逸。

あまり語られることが無いのだが、エバンスのエレピは素晴らしい。エバンスは、アコピとエレピで、明らかに弾き方を変えている。特に、エレピについてはエレピ用の弾き方する。このエレピ用の弾き方が秀逸。エレピの響きを活かしつつ、アドリブ・フレーズが間延びしないような運指が素晴らしい。惚れ惚れする。

ジャケットにびびってはいけません(笑)。このアルバム、そのジャケット故に、セールス的にはあまり振るわず、廃盤状態になりがちなアルバムです。しかし、ビル・エバンス者には勿論のこと、ジャズ・ピアノ者の方々にも、是非とも聴いて頂きたいアルバムです。これほど、エレピ、アコピがテンション良く、心地良く響くアルバムはなかなかありませんぜ。

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« サンタナ=ロック+フュージョン | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・26 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55359325

この記事へのトラックバック一覧です: ジャケットに怯んではならない:

« サンタナ=ロック+フュージョン | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・26 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ