最近のトラックバック

« テディ・ウィルソンの想い出 | トップページ | ニューヨークの溜息、日本の恋人 »

2014年3月17日 (月曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・14

バッハの楽曲をジャズにアレンジして、一世を風靡したピアニストがいる。ジャック・ルーシェ(Jacques Loussier)。フランスのピアニスト兼作曲家である。

まだ、岡山の中学に通っていた頃の思い出なので、1972年のことではないかと思う。お袋がステレオが欲しいと言ったら、親父が安いチープなモジュラー・ステレオというものを買ってきた。親父は倹約家で、音楽などには全く興味の無い人だったので、まあ仕方の無いことなんだが、とにかくステレオというものが家に来た。

そして、生まれて初めてFM放送なるものを聴く。音が良い、音がステレオ、聴くのはタダ、これは凄いなあと思った。そして、ある日、流れてきた演奏がちょっと変な感じだった。流れてくる演奏の基本はバッハ。旋律はバロック音楽なんだが、ドラムとベースが伴奏に入っている。ビートはオフビート。クラシックの番組だったが、あれれ、これってジャズですよね。

その時、初めて、ジャック・ルーシェの名前を知った。そして、そのアルバムの名前も知った。『Play Bach, Vol. 1』である。当時はまだまだクラシック絶対主義の時代。クラシックはアカデミックで良い音楽だが、ジャズは不良の音楽とされた。でも、これって、「音楽の父」にしてクラシック音楽の頂点に君臨するバッハの楽曲を、ジャズにアレンジしたものではないのか。これって、良い音楽なのか、悪い音楽なのか(笑)。

この『Play Bach』シリーズは、バッハの楽曲をジャズにアレンジして演奏したもの。テーマ部はバッハの楽曲に忠実に旋律を展開し、バッハの楽曲のまま、展開部に突入したり、バッハの楽曲には関係無く、ジャズよろしくアドリブ部に展開したり、アレンジはいろいろなんだが、バッハの楽曲の主旋律の部分は、基本的に忠実に展開している。今の耳で聴けば、アレンジの方式は単純である。
 

Play_bach

 
でも、1960年代から1970年代前半、これが良かった。このバッハの楽曲をシンプルなアレンジで、どんどんジャズ化していく。これはウケた。様々なバッハの楽曲をジャズ化し、トータルで600万枚を売り上げた(Wikipediaより)というから、凄いもんだ。

確かに聴き易い。元がバッハの楽曲なので、バロックの芳しき敬虔な響き、荘厳な響きが漂い、そこにオフビートのジャジーなリズム・セクションが絡む。ジャジーな俗っぽいリズム・セクションに乗って、バロック音楽の高尚な旋律を、これまたオフビートなタッチで、ピアノのソロが展開する。このバロックとジャズの対比が心地良く響く。

僕はこの『Play Bach』シリーズについては、午後の春の日差しを窓に見ながら、何にも考えずに、ぼーっとしながら聴くのが良いと思っている。ウトウトしながら、バッハの有名な曲の旋律に「ニンマリ」反応しながら、シンプルなオフビートに身を委ねる。難しいことを考える必要は全く無い。それが、この『Play Bach』シリーズの良さ。

『Play Bach』シリーズは、ライブ盤を含めて6枚ほどあるが、聴きどころとしては、頭の3枚『Play Bach, Vol. 1』(写真左)、『Play Bach, Vol. 2』(写真真ん中)、『Play Bach, Vol. 3』(写真右)が良いだろう。どれもがバッハの楽曲のジャズ化なので、演奏的にはほどんと変わらない。どれを聴いても、良い意味で「金太郎飴」である。

時には、難しいことを考えずに、単純に演奏に身を委ねることの出来る『Play Bach』シリーズの様なアルバムも、時には良いもんだ。バロック音楽、バッハの楽曲は春の季節に良く似合う、って感じるのは僕だけかなあ。 

 
 

大震災から3年。決して忘れない。まだ3年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« テディ・ウィルソンの想い出 | トップページ | ニューヨークの溜息、日本の恋人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55409845

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・14:

« テディ・ウィルソンの想い出 | トップページ | ニューヨークの溜息、日本の恋人 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ