« オールマンズの新しいライブ盤 | トップページ | 確かに大阪弁はR&Bに合う »

2014年2月27日 (木曜日)

耳を休める癒やしの女性ボーカル

最近、第二期エレ・マイルス、ハードバップ後期のアコ・マイルス、チック・コリアの最新ライブ盤、はたまた、ジャズ界の強烈な個性、ローランド・カークの初期のリーダー作など、結構、ハードで硬派なジャズを聴き込んでいる。

と、さすがに耳が疲れてくる(笑)。ハードで硬派なジャズではあるが、内容が濃く、テクニックもあって、聴いていて疲れることはないんだが、演奏のテンションが半端では無い。この「高テンション」が、耳を疲れさせるのだ。

耳が疲れたな〜、と思ったら、ジャズ以外のジャンルであれば、70年代ロックやJポップに走る。ジャズに留まるのであれば、女性ボーカルに走る。やっぱり、耳を休める癒やしのジャズは「女性ボーカル」。しかも、ハードな正統派女性ボーカルはちょっとなあ。ポップでキュートな女性ボーカルが良い。

ポップでキュートと来れば、ボサノバ・ジャズがパッと浮かぶ。ホンワカしていて爽やかで、適度に明るくリズミカル。ボサノバ・ジャズの女性ボーカルって、耳休めにピッタリ。

加えて、馴染みの無い曲ばかりのボサノバ・ジャズの女性ボーカルは、ちょっと困る。知っている曲で、知っているフレーズを一緒に口ずさめる位のポピュラーな曲をカバっているアルバムが良い。つまり、そんな「選曲」が決め手。

そんな要件にぴったりのアルバムが、菊丘ひろみ『Café Da Praia』(写真左)。邦題は『カフェ・ダ・プライア~海辺のCafe』。半年ほど前に入手したのかな。このアルバムは、耳を休める癒やしのポップでキュートな女性ボーカル盤として、活躍して貰っています。
 

Cafe_da_praia

 
ブラジルの名曲、ロック&ポップスの馴染みの名曲が、実にポップ。冒頭「O Gol Da Maria(マリアのゴール)」はポルトガル語での歌唱。ポルトガル語独特の響きが実にエキゾチックでポップ。ライトなボサノバ・ジャズなバックに乗って、ホンワカしていて爽やかで、適度に明るくリズミカルな菊丘の歌唱は実に和む。

特に、ロック&ポップスの馴染みの名曲のカバーが良い。バックのアレンジはボサノバ風。そんなバックに乗って、カーペンターズの「Close To You(遙かなる影)」、ビートルズの「A Hard Day's Night(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)」、エルヴィス・プレスリーの「Can't Help Fallin' In Love(好きにならずにいられない)」、そして、サザン・オールスターズの「真夏の果実」が英語で歌われる。

これがなかなか秀逸。思わず聴いていてニンマリしてしまう。アレンジが良いのだろう、どの曲もポップでキュート。しっかりとボサノバ・ジャズしている、これらロック&ポップスの名曲の数々。良い雰囲気です。聴きながら、ついつい、その馴染みのフレーズを口ずさんでしまいます。電車の中で聴くのには注意が必要です(笑)。

まあ、硬派なジャズ者の方々からすると、このライトなボサノバ・ジャズのアレンジに乗った、ロック&ポップスの馴染みの名曲のカバーは、ちょっと「キワモノ」扱いしたくなるでしょうね。でも、これ、良いですよ。リラックスして、あっけらかんと聴き流せます。ハードで硬派なジャズを聴き込んでいた空間の空気が「ガラッ」と変わります。

この空間の空気が「ガラッ」と変わるところが良いんですよね。ハードで硬派なジャズの高テンションに疲れた耳に、耳を休める癒やしのポップでキュートな女性ボーカル。本当に良い気分転換になります。一度お試しあれ。

 
 

大震災から2年11ヶ月。決して忘れない。まだ2年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« オールマンズの新しいライブ盤 | トップページ | 確かに大阪弁はR&Bに合う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳を休める癒やしの女性ボーカル:

« オールマンズの新しいライブ盤 | トップページ | 確かに大阪弁はR&Bに合う »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー