最近のトラックバック

« GJTのヘビロテ盤の『K.J.L.H.』 | トップページ | ガーナーはジャズ者上級者向け »

2014年2月20日 (木曜日)

スクエアで流麗な「スイング感」

僕はディブ・ブルーベック・カルテットが意外と好きである。でも、日本では、ディブ・ブルーベック・カルテットは、あまり人気が無い。特に年配のジャズ者ベテランの方々には受けが悪い。

一番、やり玉に挙がるのが、ブルーベックのピアノ。ジャズのピアノと言えば、流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングするんだが、ブルーベックのピアノは、そんなスイングとは全く無縁。

ブルーベックのピアノは、前衛的なクラシックの様なピアノ。現代音楽の様な、硬質でアブストラクトなピアノの応用。不協和音な響きは、クラシックのストラビンスキーやバルトークの様な響きを宿している。ジャズのユニゾン&ハーモニーとは違う、クラシックな響き。

流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングすることを「スインギー」とするなら、ブルーベックのピアノは「スインギー」では全く無い。しかし、ちゃんと聴くと、ブルーベックのピアノは「スイング」している。

ブルーベックのピアノは、しっかりとオフビートしている。前衛的なクラシックの様なピアノを応用しているので、流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングすることは出来ない。そこで、ブルーベックは、クラシックの4拍子の流れの様に、スクエアに「スイング」する。

アフリカン・アメリカンの流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングするのでは無く、ヨーロッパのクラシックの様に縦に揺れるように、オフビートにスイングする。僕は、このブルーベックの縦揺れスイングが好きなんですね。

そして、そこに、甘く流麗な、丸く柔らかなポール・デスモンドのアルトが絡む。このデスモンドのアルトが、これまた評判が芳しく無い。甘い、柔らかい、力強く無い、エモーショナルで無い等と、とにかく手厳しい。でも、現代のスムース・ジャズのアルトを聴くと、このデスモンドのアルトって先進的だったのでは、と思ったりもするんですよね。
 

Jazz_goes_to_college

 
この甘く流麗な、丸く柔らかなデスモンドのアルトは、明るくスインギー。明朗に暖かに緩やかにスイングする。このデスモンドのスイングは、流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングする。伝統的な、正統なスイング。でも、なかなか、デスモンドのアルトは正しく評価されない。

でも、ヨーロッパのクラシックの様に縦に揺れるように、オフビートにスイングするブルーベックのピアノと、正統に流れる様に横に揺れるように、オフビートにスイングするデスモンドのアルトの組合せが素晴らしいのだ。この異質なもの同士の出会いが、独特な感覚の「スイング感」を生み出している。ファンの我々にはこれが堪らない。

1954年6月にライブ録音された『Jazz Goes to College』(写真)というアルバムを聴けば、その「異質なもの同士の出会い」がしっかりと記録され、ブルーベック・カルテット独特な感覚の「スイング感」を思いっきり感じることが出来る。ゴツゴツしてスクエアで甘く流麗な「スイング感」。

この個性的で独特な「スイング感」をどう感じるかで、ディブ・ブルーベック・カルテットの好き嫌いが決まるような気がします。特に、ストラビンスキーやバルトークなどの前衛的なクラシックに馴染みのあるジャズ者の方々なら、恐らくすんなりと入れるんではないかと思いますが、如何でしょうか。

ちなみにパーソネルを振り返ってみると、Bob Bates (b), Dave Brubeck (p), Paul Desmond (as), Joe Dodge (ds)。ドラムとベースはちょっと無名だが、ブルーベックとデスモンドのコンビは、このアルバムで既に、その個性をしっかりと確立している。とにかく、この二人の「異質なもの同士の出会った」ブルーベック・カルテット独特な感覚の「スイング感」が素晴らしい。

ここまで熱く語っても、それでも、日本では、ディブ・ブルーベック・カルテットは、あまり人気が無いんですよね。不思議やなあ。このライブ盤でも、聴衆は結構熱く盛り上がっているんですがね〜。でも、僕はディブ・ブルーベック・カルテットが意外と好きです(笑)。

 
 

大震災から2年11ヶ月。決して忘れない。まだ2年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« GJTのヘビロテ盤の『K.J.L.H.』 | トップページ | ガーナーはジャズ者上級者向け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55073713

この記事へのトラックバック一覧です: スクエアで流麗な「スイング感」:

« GJTのヘビロテ盤の『K.J.L.H.』 | トップページ | ガーナーはジャズ者上級者向け »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ