最近のトラックバック

« PMGのスムース・ジャズ化 | トップページ | サンタナのジャズへの傾倒度合い »

2014年2月 4日 (火曜日)

我々はマイルスを欲している。

最近、朝のスタートは、エレ・マイルスのライブボックス盤『The Complete Miles Davis at Montreux』で始まる。毎日がエレ・マイルスのライブで始まる。今日、聴いていたのは、1986年7月17日のモントルー・ライブ。第二期エレ・マイルス・バンドの演奏である。

その第二期エレ・マイルス・バンドはいつ始まったのか。それは、1981年7月のことである。Miles Davis『The Man with the Horn』が、そのマイルス復活の狼煙、第二期エレ・マイルス・バンドの始まりである。

マイルスの意図は明確で、エレクトリック・サウンドをアレンジ、サウンドの一部として使いこなしつつ、ダンス・ミュージック、ブラック・ミュージックのエッセンスをオープンに取り入れつつ、ジャズのベースとなるビートはしっかりと押さえて「コンテンポラリー・ジャズの最先端」のプロトタイプを明快に提示していた。

この第二期エレ・マイルス・バンドは、エレクトリックな楽器をメインとしながら、出てくる音は、メインストリーム&コンテンポラリーなジャズであった。硬派で格好良い、エレクトリックな純ジャズだった。

しかし、この『The Man with the Horn』はスタジオ録音のアルバムであった。スタジオ録音であれば、音は結構、加工出来るし、編集も出来る。良いとこだけチョイスし、上手くいった演奏だけチョイスし、貼り付けることだって出来る。やはり、ライブ盤が聴きたかった。本当にマイルスは復活したのか。

そういう想いに即座に応えてくれるから、僕はマイルスが大好きだ。1982年5月のことである。Miles Davis『We Want Miles』(写真左)がリリースされた。待望の第二期エレ・マイルス・バンドのライブ音源。しかも、LP二枚組という満足のボリューム。
 

We_want_miles

 
ちなみにパーソネルは、Miles Davis (tp), Bill Evans (ss), Mike Stern (el-g), Marcus Miller (b), Al Foster (ds), Mino Cinelu (per)。ああ、懐かしい。第二期エレ・マイルス・バンドの最初のパーソネルである。そう、このメンバーに「やられた」んやな、当時(笑)。

1981年6月27日、ボストンのKix Clubと、1981年7月5日、ニューヨークのAvery Fisher Hall、そして、1981年10月4日、日本の新宿西口広場でのライブ音源を収録。凄まじいばかりのエレ・マイルス・バンドの怒濤の演奏が繰り広げられている。

とにかく、このライブアルバムは凄い。今の耳にも新しく響く「その凄さ」。エレクトリック・ジャズでありながら、当時、流行のフュージョン・ジャズなんて全く無視。エレクトリック・ジャズをベースに、思いっきり最先端な、思いっきりメインストリーム&コンテンポラリーなジャズをやっている。

今の耳で聴いても、全く古さを感じさせないどころか、今のジャズ界で、これだけの思いっきりメインストリーム&コンテンポラリーなジャズをやる、ヒップでクールなジャズ・バンドってあるのかなあ、なんて思ってしまう。むっちゃ迫力のあるエレ・マイルスである。

隠遁前の第一期エレ・マイルス・バンドと比べて、生き急ぐような高テンションと、ちょっと病的な超重量級なファンクネスが去り、見通しの良い、爽快感溢れる適度なテンションと、重量級ではありながら、どこか軽快な、クールなファンクネスが全面に押し出て、健康を取り戻したマイルスがミュートにオープンに、バリバリとヒップに吹きまくる。

『We Want Miles』。我々はマイルスを欲している。今、見てもむっちゃ格好良いタイトル。ジャケットも格好良い。エレ・マイルスの傑作ライブ盤である。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« PMGのスムース・ジャズ化 | トップページ | サンタナのジャズへの傾倒度合い »

コメント

『松和』のマスター様 こんばんは

この時代のマイルスはスルーして、一気に遺作に行ってしまっていました。
仰るとおり、軽快でどこか飄々としている吹きっぷりですね。
音に隙間がある分、すっきりしていて聴きやすいです。

この時代のものも今度聴いてみます。
レビューありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54863517

この記事へのトラックバック一覧です: 我々はマイルスを欲している。:

« PMGのスムース・ジャズ化 | トップページ | サンタナのジャズへの傾倒度合い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ