最近のトラックバック

« サンタナのジャズへの傾倒度合い | トップページ | トロンボーン4本にワクワクする »

2014年2月 7日 (金曜日)

シンプルにしっとりと女性ボーカル

風邪をひいて、大人しくベットで寝ている時のBGMは、僕にとってはジャズが一番。それも、難しいことを考える必要のない、ポップで、肩肘を張ることのない、リラックスできる、しっとり静かなジャズ。

その一つはボーカル、お気に入りは、女性ボーカル。それもアクのない、聴いていてリラックスできるやつ。そんな条件に見合うのは、どうしても白人系の女性ボーカルになってくる。あっさり、しっとりとした、落ち着きのある女性ボーカル。

僕が、風邪をひいて寝込んだ時など、安静・リラックスを目的として耳を傾ける女性ボーカルのアルバムの中で、まず一番に挙げられるのは「ジュリー・ロンドン(Julie London)」である。この人のボーカルは聴いていて、とにかく落ち着くのだ。僕にとって、あっさり、しっとりの女性ボーカルの筆頭ですね。

このジュリー・ロンドンは、白人系女性ボーカリスト。ジャズ・ボーカリストと映画女優を掛け持ちしていた美貌の持ち主。もともとは女優出身なんですね。

1940年代に女優でデビューした後、1950年代、ジャズ・ボーカルにチャレンジし、本格的なジャズ・シンガーとしてのキャリアをスタートさせている。いわゆる、神は二物を与える、の典型的な例でもある(笑)。
 

Julie_is_her_name

 
そんな彼女の僕のお気に入りは、『Julie is her Name(vol.1 & 2)』(写真左)。邦題『彼女の名はジュリー』。1955年のリリース。ちなみにパーソネルは、Ray Leatherwood (b), Barney Kessel (g), Julie London (vo)。ドラムレスで、ベースとギターのみをバックとした、シンプルな構成。

このシンプルさが、このアルバムの最大の魅力です。このベースとギターのバッキングが絶妙。その優れたバッキングに乗って、ジュリー・ロンドンが、シンプルにしっとりとしたボーカルを唄い上げていきます。

その彼女の奏でるボーカルは、一言でいえば、「青江三奈(古いなあ)+アメリカン・ポップス的なフィーリング」。ほのかなお色気を感じさせ、それでいてくどさが無い。あっさり目で、それでいて、心にふんわり沁みる不思議な魅力。健康的なハスキーな歌声に、なんだか、うっとりしたり、ホッとしたり。

加えて、ジャケットのデザインも秀逸。その美貌と「おしゃれっ気」ムンムン。とにかく、気軽に聴けて、リフレッシュ効果抜群という面では、元祖「癒し系」ボーカルとして、このジュリー・ロンドンの右に出るものはいない。

風邪をひいて、大人しくベットで寝ている時のBGMは、僕にとってはジャズが一番。今日は、シンプル、しっとりした女性ボーカル、ジュリー・ロンドンのお世話になる。ポップで、肩肘を張ることのない、リラックスできる、しっとり静かなジャズ。知らず知らずのうちに、グッスリと寝込んだりする。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« サンタナのジャズへの傾倒度合い | トップページ | トロンボーン4本にワクワクする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54900876

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルにしっとりと女性ボーカル:

« サンタナのジャズへの傾倒度合い | トップページ | トロンボーン4本にワクワクする »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ