最近のトラックバック

« クラプトンの「大人のロック」 | トップページ | ローランド・カークの入門盤 »

2014年2月16日 (日曜日)

ファンキージャズとは何かの好例

中学時代、ブラスバンド部に在籍した経験があって、アルト・サックスを少し吹ける。ジャズでサックスを聴く際に、やはり、自分で演奏できる楽器を優先的に選んでしまうんですよね。という訳で、ジャズ・サックスで良く聴く楽器は「アルト・サックス」。

アルト・サックスで好きなジャズメンと言えば、アート・ペッパー、キャノンボール・アダレイ、フィル・ウッズ、ケニー・ギャレット、そして、渡辺貞夫あたりを愛聴している。そう、それから晩年のチャーリー・パーカーかな。思いを巡らせていて、キャノンボール・アダレイが突如として聴きたくなる。

今日、選んだ盤は、Cannonball Adderley『The Cannonball Adderley Quintet in San Francisco』(写真左)。1959年10月18&21日、サンフランシスコのThe Jazz Workshopでのライブ録音である。ちなみにパーソネルは、Cannonball Adderley (as), Nat Adderley (cor), Bobby Timmons (p), Sam Jones (b), Louis Hayes (ds)。

このライブ盤での演奏内容は「ファンキー・ジャズ」のお手本の様な、ファンキー・ジャズとは、と問われた時に、必ず、引き合いに出す一枚である。アルトとコルネットの音色、ピアノのユニゾン&ハーモニー、ドラムとベースの粘りのオフビート。どれもが、素晴らしくファンキー・ジャズしていて、いつ聴いても、このアルバムは「ファンキー・ジャズとは何か」を心ゆくまで味合わせてくれるのだ。

フロント楽器を構成する、キャノンボール&ナットのアダレイ兄弟がまず「ファンキー」。キャノンボールのアルトとナットのコルネットの吹き上げるユニゾン&ハーモニーの響きそのものが「ファンキー」。それも、このライブ盤では、上品でクールなファンクネスを醸し出していて、このライブ盤全体の「格」をワンランク上げている。
 

Cannonball_in_san_francisco

 
このゴスペルに通じる、アメリカン・アフリカンな響きを色濃く宿したユニゾン&ハーモニーは、ファンキー・ジャズ独特のものである。ジャジーでブルージーなファンクネスは、これぞジャズという響きがしていて、聴いていてとても心地の良いものだ。キャノンボール&ナットのアダレイ兄弟は「ファンキー兄弟」である。

そして、ボビー・ティモンズのピアノが、このライブ盤の演奏の「肝」の部分である。ファンキー・ジャズ専任のピアニストと評しても良い、ティモンズの叩き出すピアノのフレーズは、どれもが「ファンキー」。

滴り落ちるようなファンクネスを湛えつつ、ティモンズのピアノは、ゴスペルチックなユニゾン&ハーモニーを叩き出していく。左手のオフビートが、これまたファンクネスに強烈なアクセントを与えて、ティモンズのピアノはファンキー・ジャズ・ピアノの権化と化していく。

サム・ジョーンズのベースは、強烈な粘りがあって、強烈なオフ・ビートなウォーキング・ベースと粘りのあるピチカートが、演奏全体のファンクネスをガッチリとサポートする。よくよくこのライブ盤を聴いていると、このファンキーなサム・ジョーンズのベースがかなり「効いている」ことが良く判る。

ルイ・ヘイズのドラムは端正かつ適応性抜群。正確なドラミングを叩き出しつつ、そのシンバル・ワークを中心に、粘りのあるジャジーでブルージーでファンクネス溢れるリズム&ビートを叩きだしている。これだけファンクネスが強烈なドラミングを叩き出すとは、ヘイズの「ファンキー兄弟」への適応能力は抜群である。

この『In San Francisco』は、ファンキー・ジャズのアルバムの中でも、演奏内容のレベルも高く、決して、俗っぽく大衆に迎合した内容に陥らず、ジャズとしての品格を備えた立派なアルバムである。各メンバーのテクニックも優秀、収録曲の選曲&アレンジも良く、特に、ジャズ者初心者の方々に「ファンキー・ジャズとは何か」の好例としてお勧めしたい佳作です。

 
 

大震災から2年11ヶ月。決して忘れない。まだ2年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« クラプトンの「大人のロック」 | トップページ | ローランド・カークの入門盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/55019841

この記事へのトラックバック一覧です: ファンキージャズとは何かの好例:

« クラプトンの「大人のロック」 | トップページ | ローランド・カークの入門盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ