最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・49 | トップページ | こんなアルバムあったんや・31 »

2014年1月10日 (金曜日)

ProjeKct TwoからFourの総括

1月7日のブログで、「ロックで即興演奏はあるのか」と題して、プロジェクツ(ProjeKcts)シリーズの『ProjeKct One』について語った。プロジェクツ(ProjeKcts)は、1996年のキング・クリムゾン内部分裂により生まれた実験バンドの総称。One, Two, Three, Four, X, Six と6つの組合せがある。

そして、ProjeKct OneからFourを束ねて、King Crimson『The Projekcts』と題したボックス盤としてリリースされている。この『The Projekcts』というボックス盤の演奏が聴いていてとても面白い。ロックでの即興演奏の素晴らしさを体験できるのと、このプロジェクツ(ProjeKcts)で、当時のKing Crimsonのコア・メンバー達が、何をしたかったのかが、おぼろげながら判る。

『ProjeKct One』については、1月7日のブログで述べたように、ビル・ブルーフォードのドラミングと暴力的であり、メタリックであり、アブストラクトであり、フリーであり、モーダルな、ロバート・フィリップ翁のエレギのお陰で、殆どエレクトリック・ジャズな響きが特徴であった。

では、続く『ProjeKct Two』(写真左)はどうか。このアルバムは、リズム&ビートとアドリブ・フレーズが、基本的に「キング・クリムゾン」。クリムゾン・ビートとでも形容できる、どこから聴いても「キング・クリムゾン」なリズム&ビートが実に「キャッチャー」である。そして、そのクリムゾン・ビートの上に乗って展開される「クリムゾン・フレーズ」が、これまた格好良い。クリムゾン者には堪らない実験バンドのパフォーマンスである。
 

Projekct_234

 
『ProjeKct Three』(写真真ん中)はどうか。このアルバムが一番、即興演奏をベースとするロックとして、内容の濃いパフォーマンスだと僕は評価している。リズム&ビートが個性的。キング・クリムゾン臭さが希薄で、現代の最先端な響きを宿す、自由度の高い、思い切りメリハリの効いたリズム&ビートが個性的。その上で、キング・クリムゾン臭さの無い、即興性の高いギターフレーズが展開される。

そして、『ProjeKct Four』(写真右)はどうか。リズム&ビートが一番重量感があるが、1980年代後半から1990年代前半に流行った、メタリックなリズム&ビートであり、聴き始めは耳に馴染むが、そのうち、手の内が読めてちょっと退屈になる。その上で展開されるギターフレーズは、キング・クリムゾンっぽい。流行のリズム&ビートの上の「クリムゾン・フレーズ」という感じ。流行のリズム&ビートを採用した分、今の耳で聴くと、ProjeKct OneからFourの中で、一番、古さを感じてしまう。

ということで、「ProjeKct TwoからFour」の総括としては、僕は『ProjeKct Three』がイチ押し。ジャジーな雰囲気は希薄で、エレクトリック・ジャズな雰囲気も希薄。逆に、即興演奏をベースとするロックな雰囲気が満載で、即興演奏なロックとしては、最高レベルの演奏内容ではないかと思う。音の広がりも幻想的かつスペイシー、リズム&ビート、ギターの即興フレーズ共に「個性的」。一番、クリムゾンらしさが希薄な『ProjeKct Three』は実に魅力的な盤だと思う。

21世紀なって振り返ると、キング・クリムゾンほど、即興演奏を売りにしたロック・バンドは無い。1970年代以降、21世紀なるまで生き残ったロック・バンドの中では「唯一」と言って良い。ボックス盤『The Projekcts』は楽しめます。

 
 

大震災から2年9ヶ月。決して忘れない。まだ2年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ喫茶で流したい・49 | トップページ | こんなアルバムあったんや・31 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54561811

この記事へのトラックバック一覧です: ProjeKct TwoからFourの総括:

« ジャズ喫茶で流したい・49 | トップページ | こんなアルバムあったんや・31 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ