最近のトラックバック

« 思いがけない「優れもの盤」です | トップページ | ローリンド・アルメイダを愛でる »

2014年1月25日 (土曜日)

真冬の季節のボサノバ・ジャズ

夏はボサノバ・ジャズなんですが、真冬の季節のボサノバ・ジャズも、ちょっと「オツ」なものです。週末の、暖かくした部屋の中で、バーボン片手に聴くボサノバ・ジャズはなかなかの雰囲気。特に女性ボーカルが入れば言うこと無し。

そんなニーズにぴったりのアルバムが、Diana Krall『Quiet Nights』(写真左)。2009年3月のリリース。ダイアナ・クラール自身としては、出産休暇明け、前作からは2年半ぶりの休養明けの復帰作。当時、調子は如何と思っていましたが、しっかり戻ってきてくれました。

このアルバムでは、異色の「ボサノバ集」で攻めてきたダイアナ・クラール。プロデュースに巨匠トミー・リピューマ、エンジニアにはアル・シュミット、アレンジにクラウス・オガーマン。ほっほ〜、錚々たる面々です。

そして、控えるバックは、アンソニー・ウィルソン(g)、ジョン・クレイトン(b)、ジェフ・ハミルトン(ds)そしてオーケストラ。いやいや、2年半ぶりのカムバック。バックを固める面々を見て渡しても、その気合いの入り方が窺えます。

ボサノバのボーカルって難しいんだよな。囁くように、ゆったりと唄わなければならない。しかも、大向こうを張ったダイナミックな抑揚は無い。初夏のそよ風のように、爽やかで微妙な抑揚。これまた、唄いこなすには難しい。テンポも維持するには難しい速度。とにかく、ボサノバのボーカルは難度が高い。ボーカリストのテクニックと資質が問われる、というか、ボーカリストにとって、実にやっかいな代物である。
 

Diana_quiet_night

 
が、さすがはダイアナ・クラール。実に素晴らしい歌唱である。いやいや、ボサノバ&バラードだけで、CD1枚分を飽きさせもせず、一気に聴かせてしまうなんて、なんて素晴らしいボーカルだろう。週末の暖かくした部屋の中で、バーボン片手に聴きたいなあ〜。ゆったりしていて癒されます。

ボサノバ・ジャズには、なぜかオーケストラはつきもの。オーケストラの存在が、このアルバムの好みを分けるかもしれない。日本では、ボサノバ・ジャズの伴奏はシンプルであるべき、という傾向がありますからねえ。でも、少なくとも、僕の耳には「トゥーマッチ」では無いです。奥ゆかしくて心地良いオーケストラの響き。良い感じだ。さすが、クラウス・オガーマン。

純ジャズの雰囲気はちょっと少ないかもしれないけれど、今風のトレンドに乗った上質のジャズ・ボーカルが聴けます。ダイアナ・クラールのボーカルは、もう完全無欠のジャズ・ボーカルです。

オーケストラが入ったゴージャスなボサノバ・ジャズ。これはジャズじゃ無い、なんて固いこと言わないで、時には、イージーリスニングなジャズも良いのでは。でも、単なるイージーリスニングなジャズなんだろう、なんて先入観は禁物。実は、そこはかとなく、硬派な純ジャズ風な演奏も入っていて、うっかりすると「ガツン」とやられますぜ(笑)。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 思いがけない「優れもの盤」です | トップページ | ローリンド・アルメイダを愛でる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54742554

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の季節のボサノバ・ジャズ:

« 思いがけない「優れもの盤」です | トップページ | ローリンド・アルメイダを愛でる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ