« モントルーのマイルス・1973年 | トップページ | 思いがけない「優れもの盤」です »

2014年1月23日 (木曜日)

リズム&ビートに違和感が惜しい

ふうむ、どうもこのアルバムは苦手やなあ。何かしながらのBGMには良いんだが、しっかりと聴き込むと、どうしても違和感が付きまとう。アルバムの出来は素晴らしく良い。それでも、何か違う。僕にとって、長年、そんな微妙な感覚が付きまとうアルバムである。

そのアルバムとは、Pat Metheny Group『Letter From Home』(写真左)。1989年春、ニューヨーク、パワーステーションでの録音。Pat Metheny Group(以降PMGと略す)としては、1987年の大傑作『Still Life (Talking)』以来のアルバム。

冒頭の「Have You Heard」聴くと、前作『Still Life (Talking)』の音作りを踏襲している様で、ググッと期待感が高まるのだが、リズム隊のリズム&ビートが全面に出てくると、僕はどうしても「オヨヨ」となってしまう。リズム&ビートに違和感を感じてしまうのだ。

PMGの Steve Rodby (b), Paul Wartico (ds) のリズム隊。当然、人間がリズム&ビートを叩きだしている訳だが、このアルバムのリズム&ビートを聴いていると、リズム・ボックスの様な、シーケンサーの様な、実にデジタルチックなリズム&ビートの様に聴こえてしまうのだ。

録音された時代が「1989年」なので、録音もデジタル録音なんだろうし、リズム&ビートがデジタルチックな分、どうも耳にしっくりこない。デジタルチックなリズム&ビートをバックに、パットのギターとメイズのキーボードだけがやけに前に出て、キャッチャーなフレーズを奏でまくる。なんだかグループ・サウンドって感じが希薄なのだ。
 

Letter_from_home

 
でも、アルバム全体の出来は良いんですよ。非常に良く作り込まれていると思います。ちょっと作り込まれ過ぎかな、とも思いますが。収録された曲もバラエティに富んでいるのですが、ちょっと計算され過ぎているかな、とも思います。

それともう一つの違和感がボーカル。『Still Life (Talking)』の時は、Mark Ledford, David Blamiresという二人のボーカリストで、アフリカン・ネイティブでアーシーでフォーキーな、実に印象的なボーカルだった。

今回の『Letter From Home』では、Pedro Aznarが帰ってきたんだが、このPedro Aznarのボーカルが、確かにアフリカン・ネイティブでアーシーではあるだが、『Still Life (Talking)』の二人に比べると「アーバン」なのだ。洗練されている、とも言える。

アルバムの出来は良い。洗練されているし、良く作り込まれている。でも、デジタルチックなリズム&ビートと相まって、どうしても、違和感を感じてしまうのだ。

キャッチャーで耳当たりの良いフレーズやメロディーが満載なので、何かしながらのBGMには良いんですが、しっかりと聴き込むと、どうしても、僕は未だに、このデジタルチックなリズム&ビートに馴染みません。

やはり、ジャズは「リズム&ビート」が肝であり命。『Letter From Home』を聴く度に、このマイルスの名言が心に沁みる気がします。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« モントルーのマイルス・1973年 | トップページ | 思いがけない「優れもの盤」です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リズム&ビートに違和感が惜しい:

« モントルーのマイルス・1973年 | トップページ | 思いがけない「優れもの盤」です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー