最近のトラックバック

« ProjeKct TwoからFourの総括 | トップページ | やっぱり究極の名曲「Jessica」 »

2014年1月11日 (土曜日)

こんなアルバムあったんや・31

昨年末、思い切って購入した、ハービー・ハンコックの米コロムビア期を網羅した34枚組ボックス『The Complete Columbia Album Collection』。僕にとっての価値は、ハービーのリーダー作のうち、廃盤になって久しい、未入手のアルバムの幾枚かが、このボックス盤に入っているということ。

その廃盤になって久しい、未入手のアルバムの一枚が、これ。Herbie Hancock & Foday Musa Suso『Village Life』(写真左)。1984年、信濃町のCBSソニースタジオでの録音。1984年と言えば、フュージョン・ジャズは衰退し、純ジャズ復古の動きは加速されつつあったが発展途上。ジャズとしても、実に中途半端な時代だった。

実は、僕はこのアルバムを聴いたことが無かった。ハービーのディスコグラフィーには、必ず挙がるアルバムなので、その存在やアルバム・ジャケットのイメージは知ってはいたが、聴いたことが全く無い。今回、34枚組ボックス『The Complete Columbia Album Collection』に同梱されていたので、このアルバム『Village Life』はお目当ての一枚だった。

ハービー・ハンコックは、エレクトリック・ シンセ YAMAHA DX-7 とドラム・マシーン RX-11を担当。1980年代のデジタル・サウンドである。

そして、このアルバムの目玉ミュージシャンは、Foday Musa Suso。片仮名表記にすると「フォデイ・ムサ・スソ」となる。ここでは以降「スソ」と呼ばせていただく。このスソは、アフリカの弦楽器「kora(コラ)」と「talking drum(トーキング・ドラム)」の弾き手。歌もこなす。

このアルバム、ハービーの演奏する1980年代の最先端のデジタル楽器の音と、スソの演奏するアフリカのネイティブな生楽器の音とがデュオするとどんな音になるのか、興味津々である。
 

Village_life

 
で、これが実にマッチしているんですよね。いや〜ビックリしました。というか、ハービーがエレクトリック・ シンセ YAMAHA DX-7を駆使して、スソのアフリカン・ネイティブな生楽器にマッチする音を創り出していると表現した方が良いかもしれない。
 
とにかく、1980年代の最先端のデジタル楽器の音とアフリカのネイティブな生楽器の音、意外と相性が良い。

ゆったりとしみじみと、印象的で繊細なフレーズを、1980年代の最先端のデジタル楽器の音とアフリカのネイティブな生楽器の音がコラボし、紡ぎ上げていく。爽快感、透明感抜群。心が洗われるような、心に染み入る暖かみのある、デジタルとアナログのデュエットである。

さて、この演奏がジャズかどうか、という議論が沸き上がりそうなんだが、そんな議論は、このアルバムの内容の前では「野暮」というものだろう。
 
このデュオ演奏の根底に流れるリズム&ビートは自然なもの。一部、ジャジーな部分もあるが、このアルバム全体の音の雰囲気は、ワールド・ミュージックと評して良いだろう。

まあ、どのジャンルの音なのかなんていうのは、この際、どうでも良いこと。このアルバムは、1980年代の最先端のデジタル楽器の音とアフリカのネイティブな生楽器の音がコラボし、紡ぎ上げた、一期一会な響きに満ちている。このお目当ての一枚『Village Life』、手に入れて良かった。

いやはや、思わず「こんなアルバムあったんや」と叫びたくなるアルバムです。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ProjeKct TwoからFourの総括 | トップページ | やっぱり究極の名曲「Jessica」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54572143

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・31:

« ProjeKct TwoからFourの総括 | トップページ | やっぱり究極の名曲「Jessica」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ