最近のトラックバック

« トランペットの隠れ名盤・1 | トップページ | トランペットの隠れ名盤・3 »

2014年1月15日 (水曜日)

トランペットの隠れ名盤・2

トランペットはジャズの花形楽器のひとつ。メジャーな存在だけでは無い。ジャズ盤紹介本にはほとんど名を連ねたことの無いトランペッターでも、メジャーな存在では無くても小粋で鯔背で格好良い、とても素敵なトランペッターも沢山いる。つまり、トランペットの隠れ名盤も沢山あるということ。

Jack Sheldon『Quartet and Quintet』(写真左)。1954年8月22日&9月4日、1955年4月4日&11月18日の4つのセッションから成る。ちなみにパーソネルは、Jack Sheldon (tp), Joe Maini (as), Bob Whitlock, Leroy Vinnegar, Ralph Pena (b), Gene Gammage, Lawrence Marable (ds), Kenny Drew, Walter Norris (p), Zoot Sims (ts)。

ジャズの世界では、時代はハードバップの時代。ハードバップの演奏マナーを取り入れつつ、西海岸ならではの明るい演奏。マイナー調の曲もなんのその、ドラムもピアノもトランペットもサックスも、演奏の底には、カルフォルニアの明るい雰囲気が見え隠れしていて、ちょっとニンマリ。

そんな全体的雰囲気の中、Jack Sheldon(ジャック・シェルドン)は、朗々とそのトランペットを鳴り響かせる。彼のトランペットは、西海岸ならではの、スマートな美しさとスイングする楽しさが溢れんばかりである。

西海岸のモダン・ジャズといえば、日本では東海岸に押されてマイナーな扱いにはなっているものの、東海岸には無い、洒落たアレンジと全体にバランスのとれたアンサンブル、白人中心のスマートなセンスがウリで、「オシャレに小粋に聴くジャズ」としては、東海岸に勝る演奏が多くある。
 

Jack_sheldon_quartet_quintet

 
ただ、日本のジャズ・シーンにとっては無名に近いミュージシャンが多く、日本の中では、なかなか認知されなかった歴史がある。西海岸のモダン・ジャズを語ると、東海岸に比べると取るに足らない、白人中心の「ダンス中心の聴きやすい軽音楽的なジャズ」と決めつけらることがたまにありますが、気にしないのが賢明。西海岸ジャズは西海岸ジャズで優れたものが多々ある。

今回、ご紹介している「ジャック・シェルドン」などが良い例で、トランペットのテクニックについても、演奏の全体のレベルについても、曲のアレンジについても、インプロビゼーションのテンションや着想についても、東海岸ジャズと比べて全く遜色が無い。

曲毎のアレンジやアンサンブルは、東海岸ジャズに無いスマートさや洒落っ気があります。「オシャレに小粋に聴くジャズ」としては、西海岸ジャズはなかなかに優れている。東海岸ジャズ偏重な聴き方が、如何に偏っているかが良く判りますね。

このアルバムについては、全体的に短い曲が多いのですが、リーダーのジャック・シェルドンのトランペットについては、ふんだんに聴くことができ、西海岸のモダン・ジャズの雰囲気を、大いに感じることができて秀逸。

サイドメンについても、西海岸ジャズを代表するミュージシャンで固められているが、とりわけ、ピアノのウォルター・ノリスは、僕にとっては新しい発見。しっかりとしたタッチと洒落たセンス、落ち着いた語り口の陰に、仄かな西海岸ならではの陰りを香らせつつ、基本的なトーンは「あっけらかん」とした明るい演奏。こんなピアニストがいたのですね。

僕たちは、西海岸ジャズ、いわゆる「ウエスト・コースト・ジャズ」を、もっともっと体験する必要がありそうだ。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« トランペットの隠れ名盤・1 | トップページ | トランペットの隠れ名盤・3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54621227

この記事へのトラックバック一覧です: トランペットの隠れ名盤・2:

« トランペットの隠れ名盤・1 | トップページ | トランペットの隠れ名盤・3 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ