最近のトラックバック

« クロスオーバー・ロックな音世界 | トップページ | 多彩な『ケニー・バレルの全貌』 »

2014年1月29日 (水曜日)

モントルーのマイルス・1984年

このところ、朝のスタートアルバムは、エレ・マイルスのライブボックス盤『The Complete Miles Davis at Montreux』(写真左)の聴き通しで始まる。

このライブボックス盤『The Complete Miles Davis at Montreux』は超弩級のボリュームを誇る、こんなん一体誰が買うんや、的なライブボックス盤。なんとCD20枚組である。そして、このライブボックス盤は、マイルスがモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演した際のライブ音源の全てである。

エレ・マイルスは年ごとにその演奏のトレンド、雰囲気がどんどん変わっていく。この劇的な変化が凄い。エレ・マイルスは、年ごとに変化し進化する。常にジャズ界の先頭を走り続けたエレ・マイルスの音、まずは隠遁前の「第一期エレクトリック・マイルス」の1973年、そして、1987年を除く、1984年から1991年までのカムバック後の「第二期エレクトリック・マイルス」の音がドバッ〜と入っている。

モントルー・ジャズ・フェスティバルというのは、マイルスにとっても特別なジャズ・フェスティバルだった様で、どの年のエレ・マイルスも演奏のレベルは高く、充実した内容になっている。これは本当に立派なこと。マイルスは常にプロフェッショナルであり、マイルスは常に優れたジャズメンであった。

さて、今日は、CD3からCD6の1984年7月8日のライブ音源について触れたい。この1984年のモントルーのマイルスは、1981年、隠遁生活からのカムバック後、初めての出演になる。冒頭から気合いが入って、少し緊張しているのが良く判る。なんせ、マイルスのペットが「よれっている」。僕はそんな人間味溢れるマイルスが大好きだ。

しかし、演奏が進むにつれ、マイルスを始め、バンドの面々も、どんどん乗ってくる。演奏の精度も高くなり、テクニックもビシバシ決まるようになって、重量級のファンクネスを漂わせた、疾走感溢れるリズム&ビートがうねるように流れ、その上をマイルスが縦横無尽に吹き抜ける。
 

Miles_montreux_1984

 
1984年のモントルーのエレ・マイルスを暫く聴いていると、隠遁生活からのカムバック後のエレ・マイルスの音は、どこかスッキリしていることに気が付く。相変わらず、重量感溢れるファンクネス豊かなリズム&ビートなんだが、どこかスッキリしていて健康的。少し明るくて、ちょっとあっけらかんとしている。

隠遁前の1974年までのエレ・マイルスの音は、異常なまでのテンションの高さと、おどろおどろしい、ちょっと薄暗くて危険な雰囲気と、息が詰まりそうな疾走感が密度高く詰まっていて、アルバム単位で聴き通すのには、結構、精神的体力が必要だったが、カムバック後のエレ・マイルスの音は健康的。健康を取り戻し、気力と覇気が充実したマイルスがここにいる。

1984年7月8日のパーソネルは、Miles Davis (tpt, synth); Bob Berg (ss, ts, fl); Robert Irving III (synth); John Scofield (g); Darryl Jones (el-b); Al Foster (ds); Steve Thornton (perc)。セプテット構成である。カムバック後のエレ・マイルスとしては、かなり充実した布陣。スタジオ録音のアルバムで言うと『You're Under Arrest』録音後のモントルー・ライブである。

「Human Nature」が印象的。1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲。アルバム『スリラー』から第5弾シングル・カットされた名曲。マイルスが採り上げた、マイルスの推す「ニュー・スタンダード」な楽曲である。これがまあ素晴らしいバラード演奏になっていて、リリカル&クール、優しく柔軟で音の芯に力強さが宿っている。マイルスのペットのフレーズが美しく響き渡る。

隠遁前の健康を害しつつ突っ走っていた隠遁前のエレ・マイルスでは考えられない、この「Human Nature」のバラード・チックな演奏は、「第二期エレクトリック・マイルス」がジャズ演奏のスタンダードに位置づけられつつあることを感じる。ジャズにおいて、エレクトリックは最早特別な演奏フォーマットでは無い、新しいジャズの表現を引き出す、スタンダードなフォーマットであることを感じさせてくれる。

1984年のモントルーのエレ・マイルスは、隠遁生活からカムバック後の「第二期エレクトリック・マイルス」は如何なるものなのか、を判り易く教えてくれる様なライブ盤である。録音も良く、聴き応えがある。しかし、本当に、モントルーのエレ・マイルスの演奏は最高である。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« クロスオーバー・ロックな音世界 | トップページ | 多彩な『ケニー・バレルの全貌』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54790840

この記事へのトラックバック一覧です: モントルーのマイルス・1984年:

« クロスオーバー・ロックな音世界 | トップページ | 多彩な『ケニー・バレルの全貌』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ