« デュアン急逝を乗り越えて | トップページ | トランペットの隠れ名盤・2 »

2014年1月14日 (火曜日)

トランペットの隠れ名盤・1

「冬もたけなわ」となれば、暖かい部屋の中で、本腰をいれてジャズを聴く気分になります。本腰を入れてジャズを聴く、となれば、やっぱり、テナー・サックスとかトランペットが主役のアルバムを選びたい。テナー・サックスやトランペットは「ジャズの花形」。

花形な楽器であれば、トランペット奏者の数も多い。メジャーな存在では無くても、小粋で鯔背で格好良い、とても素敵なトランペッターも沢山いる。つまり、トランペットの隠れ名盤も沢山あるということ。

例えば、このRichard Williams『New Horn In Town』(写真左)。1960年9月27日の録音。ちなみにパーソネルは、Richard Williams (tp), Leo Wright (as,fl), Richard Wyands (p), Reginald Workman (b), Bobby Thomas (ds)。マイナー・レーベルである「キャンディド」からのリリース。

正直言えば、このリーダーのトランペッター、リチャード・ウィリアムスは、ジャズ・トランペッターとしては、メジャーな存在では無い。バックのリズム・セクションのメンバーも、ベースのレジー・ワークマンは名前は知っているが、その他のメンバーは、実はあまり良く知らない。

それでも、このアルバムは派手な内容では無いけれど、実に滋味溢れるアルバムである。ジャズの本音が聞こえてきそうな、トランペットの「なごみ」の名盤。このアルバムに出会って、初めて聴いた時に「ああ、こんなアルバムもあるんやなあ」としみじみと感心したのを覚えている。
 

New_horn_in_town

 
とにかく、トランペットが、朗々と「鳴る」のだ。「トランペットって、金管楽器だったのね」ということを、はっきりと思い出させてくれるように、朗々と「鳴る」。真鍮がブルブルと響くように、リチャード・ウィリアムスのペットは、素敵に「鳴る」。

それがとても良く判るのが、2曲目の「I Remember Clifford」。もともと、この曲、自動車事故で、23才にして急逝したジャズ・トランペットの天才、クリフォード・ブラウンを偲んで書かれた、ベニー・ゴルソンの名曲。

それ故に、ジャズ・トランペットの音が実に良く似合う。この曲を、朗々と歌い上げることのできるトランペッターこそが、一流のトランペッターと言えるってもんだ。この1曲だけでも、このアルバムは「買い」だ。真鍮がブルブルと響くように素敵に鳴る、ウィリアムスのトランペットは「鯔背」だ。

曲によっては、特に早いテンポの曲ではリズムセクションに問題が残るが(ドラムが遅いというか、ベースが「かかる」というか、とにかくバラバラな部分が所々に・・・)、そんなことは全く気にする様子は無く、他の曲でもウィリアムスのペットは朗々と鳴る。つまりは、このアルバム、ウィリアムスのトランペットを愛でることが全てなのだ。

派手では無いけれど、初心者からベテランまで、一度聴けば、きっと、お気に入りの一枚になる、そんなジャズ鑑賞の初心に返ることが出来る素敵なアルバムだ。特に、トランペット好きには堪らない盤ですぞ。トランペット好きには「イチ押し」です。

 
 

大震災から2年10ヶ月。決して忘れない。まだ2年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« デュアン急逝を乗り越えて | トップページ | トランペットの隠れ名盤・2 »

コメント

松和のマスター様

こんばんは
「何か見覚えがあるな」

実はうちには譲り受けられたジャズのレコードがけっこうな数ありまして、
これも居ました。

正直言って今まで一度も聴いたことなかったのですが、
聴いてみると確かにトランペットが朗々と歌っていました。
ピアノにフルートも入っていて、凄く安らぎました。
紹介してもらわなければ埋もれさせておくところでした。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランペットの隠れ名盤・1:

« デュアン急逝を乗り越えて | トップページ | トランペットの隠れ名盤・2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー