« エディ・ヒギンスのXmas曲集 | トップページ | 12月8日、33回目のジョンの命日 »

2013年12月 7日 (土曜日)

季節限定のエバンスのXmas盤

いわゆるジャズ・ジャイアントと呼ばれる偉大なジャズ・ミュージシャン達は、あまり、クリスマス特集的なアルバムを出していない。

まあ、マイルス・デイヴィスの「サンタが街にやってくる」なんて、なんだかとても変だし、ソニー・ロリンズの「赤鼻のトナカイ」なんて、イメージするのにも苦労する。まして、かのセロニアス・モンクの「ホワイト・クリスマス」なんて、どう考えたって想像が出来無い(笑)。

まあ、それだけ、クリスマスソングというのは、ジャズの世界では「その演奏するキャラクターを選ぶ」ってことが判るわけだが、それでは面白くない。「なんか無いかしら」と思って探してみたら、結構、身近なところにあったあった。

確か、ビル・エバンスが、「サンタが街にやってくる」を演っていたような気がして、数年前に、そのことについて、このブログで語ったような、と記憶をたどると、今回、ご紹介するBill Evans『Trio 64』(写真左)に行き着いた。

この『Trio 64』、パーソネルは、Bill Evans (p), Gary Peacock (b), Paul Motian (ds)。ベースの哲人(と僕が勝手に呼んでいる)、ゲイリー・ピーコックが唯一エバンスと組んだ、由緒あるトリオ・アルバムである。録音日を見れば、1963年12月18日。クリスマス・シーズン真っ只中での録音である。

このパーソネルを見ても判るとおり、実に由緒ある実に硬派で純ジャズなピアノ・トリオ盤だと思うのだが、1曲だけ、これは、と思わせる選曲をしている。

4曲目に「Santa Claus Is Coming To Town」の選曲。邦題は「サンタが街にやって来る」。録音日が1963年12月18日なので、クリスマスも近く、セッションの合間に遊び程度にやるのは判るが、アルバム自体、クリスマス特集のアルバムでもないのに、この曲を正式にアルバムに収録している。しかし、この「サンタが街にやって来る」の選曲は、エバンス自身のよるものらしく、収録を望んだのもエバンスだったとのこと。
 

Bill_ebans_trio64_2

 
この「Santa Claus Is Coming To Town」の存在が、この実に由緒ある実に硬派で純ジャズなピアノ・トリオ盤を「ピアノ・トリオの名盤」とするには、ちょっと微妙な位置づけにしている。逆に、この「Santa Claus Is Coming To Town」の存在で、このクリスマスのシーズンに限ってではあるが、このトリオ盤をクリスマス特集のアルバムとして、楽しむことが出来る(笑)。

さて、この実に由緒ある実に硬派で純ジャズなピアノ・トリオ盤を、「クリスマス特集のアルバム」として、鑑賞してみるとどうだろうか。

1曲目の「Little Lulu」は、当時、TV漫画の人気キャラクターをテーマにしたもの。実にクリスマスのシーズンにピッタリの、実に愛らしく可愛い曲で、愛でるようなリズミカルなタッチでエバンスが絶妙のアドリブを見せる。

そして、問題の4曲目の「Santa Claus Is Coming To Town」は、この曲をジャズでやるとこうなるのね的な、なかなかに素晴らしいアレンジで聴かせてくれる。

しかも、ピーコックのベース、モチアンのドラムをバックに付けて、である。なんと、ゴージャズで硬派な「サンタが街にやって来る」であろうか(笑)。聴き応えは満点。つまりは、ビル・エバンスのようなジャズ・ジャイアントの類の人って、なにをやらせても一流の仕事をする、ということ。

このアルバム、「Little Lulu」と「Santa Claus Is Coming To Town」の存在ばかりで無く、この愛らしい2曲以外の曲も、このクリスマスのシーズンに実にフィットする、ジャズ・スタンダードばかり。
 
歴代のビル・エバンス・トリオのアルバムの中で、クリスマスのシーズンにピッタリの盤として、我がバーチャル音楽喫茶『松和』では、この季節によく愛聴される1枚ではあります。意外と雰囲気があって良いですよ。

 
 

大震災から2年8ヶ月。決して忘れない。まだ2年8ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« エディ・ヒギンスのXmas曲集 | トップページ | 12月8日、33回目のジョンの命日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節限定のエバンスのXmas盤:

« エディ・ヒギンスのXmas曲集 | トップページ | 12月8日、33回目のジョンの命日 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー