最近のトラックバック

« なんか一味足らない「V.S.O.P.」 | トップページ | オルガンの神様のクリスマスです »

2013年12月19日 (木曜日)

Xmasの音といえば「オルガン」

う〜んやっぱり、クリスマスは「オルガン」だねえ。若手テナーの雄、ハリー・アレンのクリスマス・アルバムは秀逸な出来だ。そのアルバムとは、Harry Allen『Christmas in Swingtime』(写真左)。

テナーのハリー・アレンが奏でるクリスマス・ソング・ブック。ちなみにパーソネルは、Harry Allen (ts), Jake Hanna (ds), John Pizzarelli (vo), Larry Goldings (org), Peter Bernstein (g)。録音時期は、なんと2000年8月(笑)。真夏にクリスマス・ソング・ブックを録音するって、どんな感じなんだろう。

もともと、クリスマスはキリスト教のもので、協会を中心にクリスマス・キャロルや礼拝が執り行われるわけだが、その中心になるのが聖歌。その聖歌隊のバックで、伴奏をとりもつものが「オルガン」。

しかし、このアルバムの様に、ジャズのクリスマス・アルバムに、ピタッとオルガンをはめられると、やっぱり、なんだかグッとくるものがある。やっぱり、クリスマス音楽と言えば「オルガン」だねえ。

Larry Goldings(ラリー・ゴールディングス)の、ややくぐもったような、丸いオルガンの音色をバックに、ハリーが、テナーで暖かく、優しく、長年、耳に馴染んだクリスマス・ソングの旋律を紡いでいく。
 

Christmas_in_swingtime

 
もともと、ハリーは、スタン・ゲッツやズート・シムスの流れを汲む、柔らかな、暖かみのあるテナーではあるが、聴いてみると判るのだが、どの音にもしっかりと芯があるのだ。

優しさの中に、がっちりとした強さがほのかに見え隠れする、僕の理想とする「本当の男」の音なのだ。なにも力の限り、馬のいななきのようにテナーを吹ききっていくだけが、ジャズのテナーではない。

さて、アルバムの話にもどると、どの曲も定番中の定番の曲ばかり、安心してきける曲ばかりである。ピアノが無い分、ハリーのテナーが映える。テナーが映えるということは、クリスマス・ソングの旋律が映えるということ。

どの曲も、このオルガンを入れたバンドの組み合わせが功を奏して「聴かせる演奏」ばかりだ。しかも、クリスマスにはやはり、歌ものが欲しい、という声に応えて、7曲目にプレスリーの歌唱で有名な「ブルー・クリスマス」が、ジョン・ピザレリのボーカル客演で入っているのが、これまた「にくい」。

クリスマスの企画モノだろ、なんて思っていると大間違いな、実にジャジーな優れものなアルバムです。企画モノといえば企画モノなアルバムですが、その演奏内容は素晴らしいものがあります。

 
 

大震災から2年9ヶ月。決して忘れない。まだ2年9ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« なんか一味足らない「V.S.O.P.」 | トップページ | オルガンの神様のクリスマスです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54314171

この記事へのトラックバック一覧です: Xmasの音といえば「オルガン」:

« なんか一味足らない「V.S.O.P.」 | トップページ | オルガンの神様のクリスマスです »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ