最近のトラックバック

« フェンダー・ローズを愛でる・8 | トップページ | 「松和」特製のクリスマス企画盤 »

2013年12月 4日 (水曜日)

先入観無しに聴いて欲しいなあ

これだけ冬らしくなると、もう絶好の純ジャズの鑑賞の季節である。今日は、久し振りにこんなデュオを聴いた。

ピアノだけを聴くと、スイング感は希薄で、それでいて流麗な、流れる様なピアノのフレーズ。しかし、タッチは硬質でクラシックのタッチでは決して無い。あくまで、ジャズ畑のピアニストのタッチ。でも、オフ・ビートの粘りが希薄で、恐らく、白人のジャズ・ピアニストということまでは類推できる。

そこで、デュオの相方のホーンが出てくる。音を聴けば直ぐにアルト・サックスと判る。そして、その円やかな優しい、流れる様な唄う様なフレーズは独特の唯一無二の個性。これは直ぐに判る。ポール・デスモンドである。

でも、このポール・デスモンドのアルト・サックスと、先に出てきたピアノをデュオとして合わせると、その流麗な美しい響きのピアノの主が判る。そのピアノの主とは、デイブ・ブルーベックである。そうと判って聴き直せば、確かに、デイブ・ブルーベックではある。

でも、デイブ・ブルーベックにしては、流れる様な、美しいフレーズが意外と言えば意外。デイブ・ブルーベックのピアノと言えば、スイングしない、ゴツゴツ、バキバキした、スクエアなビート感で、ジャズ・ピアニストとしては、あまり評判が宜しくない。あのマイルス・デイヴィスをして「あんなスイングしないピアニストはいない」と、けちょんけちょんである。

ブルーベックは、特に、バックにベースとドラムを侍らせて、リズム&ビートを明確にした瞬間から、スイングしない、ゴツゴツ、バキバキした、スクエアなビート感のピアノになる。
 

1975_duets

 
それでも、そのスイングしない、ゴツゴツ、バキバキした、スクエアなビート感のピアノが、円やかな優しい、流れる様な唄う様なフレーズのポール・デスモンドのアルトにピッタリと合うのだから、ジャズとは不思議なものである(笑)。

ブルーベックのピアノはソロになると、流麗な美しい響きのピアノに早変わりする。タッチは硬質ではあるが適度なもので、心地良い硬さ。ビート感、スイング感が希薄なので、クラシック系のピアノ・ソロの様な、リリカルな雰囲気が強調される。

そこにポール・デスモンドのアルトである。このデュオ盤、良いに決まっている。そのデュオ盤とは、Dave Brubeck and Paul Desmond『1975: The Duets』(写真左)。1975年の3カ所での録音からのチョイス。

冒頭の「Alice in Wonderland」から、ブルーベックのピアノはロマンチックで、デスモンドのアルトは、囁きかけるかのように円やかで優しい。やっぱり、この二人、相性抜群なんですね。感心することしきり、です。

以降、リリカルで美しいデュオは聴き応え十分。しかし、あの変則拍子のスクエアなスイング感満載の「テイク・ファイブ」で一世を風靡したブルーベックとデスモンドのデュオとは、にわかには思えない、ロマンティックで流麗なデュオが続きます。

ブルーベックとデスモンドって、日本ではあまり人気が無いんで、意外と日本では知られていないブルーベックとデスモンドのデュオですが、これは聴きものです。

スイングしないピアニストのブルーベックとか、甘すぎる砂糖菓子の様なアルトのデスモンドとか、そんな喧伝に惑わされずに、先入観無しに聴いて欲しい、デュオ盤の佳作です。

 
 

大震災から2年8ヶ月。決して忘れない。まだ2年8ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« フェンダー・ローズを愛でる・8 | トップページ | 「松和」特製のクリスマス企画盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54149012

この記事へのトラックバック一覧です: 先入観無しに聴いて欲しいなあ:

« フェンダー・ローズを愛でる・8 | トップページ | 「松和」特製のクリスマス企画盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ