最近のトラックバック

« オルガンの神様のクリスマスです | トップページ | 純ジャズなXmasジャズ盤です。 »

2013年12月21日 (土曜日)

ベーゼンドルファーの敬虔な響き

今年のクリスマス・シーズンは、今まで書き溜めた「クリスマス・ジャズ」のお話しを、大々的に蔵出しです。

クリスマス・ジャズというと、カクテル・ピアノの演奏を中心とした、軽音楽的なジャズを連想しがちですが、ジャズとしても鑑賞に堪え、しかも、ジャズ初心者の方も十分に楽しめるアルバムも多々あります。

従来のクリスマス・ソングと言えば、クラシックの演奏が中心になりがちですが、純ジャズな「クリスマス・ソング」も、なかなか乙なものです。

例えば、日本の中堅女性ジャズ・ピアニストの木住野佳子のクリスマス・ソング集。木住野佳子『My Little Christmas』(写真左)。1999年のリリース。ちなみにパーソネルは、木住野佳子 (p), 古野光昭 (b), 市原康 (ds)。純日本メンバーでのピアノ・トリオ編成。

このアルバムにおいて、木住野の弾くピアノは、共鳴を目的として低音域の鍵盤を増やしたことでも知られる、ウィーンの名器「ベーゼンドルファー・インペリアルモデル」を使用しているとかで、すごく響きが豊か。この豊かすぎるほどの響きが、クリスマス・ソングの旋律を引き立たせる。

木住野もガンガン弾きまくるのではなく、やさしく、慈しむように、鍵盤を押さえていく。木住野にとって、この弾き方のほうが良いのではないか、とでも確信出来るような「美しきベーゼンドルファーの響きの陰影」が、クリスマス・ソングをクッキリと浮き立たせていく。
 

My_little_christmas

 
1曲目の、邦題「Silent Night(きよしこの夜)」から、なかなかの演奏が繰り広げられる。もともと、この「きよしこの夜」は、4ビートに乗りにくい、とかねがね思っているが、ここでの木住野は健闘する。崩しようが無いテーマ部分はともかくとして、展開部はなかなかのもの。純ジャズばりばりのインプロビゼーションが頼もしい。

2曲目の「White Christmas」はご愛敬。3曲目の「Have Yourself A Merry Little Christmas」まできて、やはり、ありきたりのクリスマス企画っぽくなってきて、まあ、この季節に免じて、なんて思ったりする。

が、4曲目の「Green Sleeves」で大満足。この曲に関しては、素晴らしい、の一言。「ベーゼンドルファー・インペリアルモデル」の特質を最大限に生かし切って、豊かな響きのなかで、素晴らしいアドリブ展開が繰り広げられる。

この「Green Sleeves」を境に、上質のクリスマス・ジャズが次々に展開する。6曲目の「The Christmas Song」のやさしさ、7曲目の「O Come All Ye Faithful(神の御子は今宵しも)」の聞き慣れたテーマに甘んじることのないダイナミックな展開。フェードアウトが惜しい。なんでフェードアウトするんやろう(怒)。

このアルバム、クリスマス企画でありながら、ジャズとしても十分、鑑賞に堪えうる佳作だと思います。最後に、このアルバム、全演奏時間が30分弱しかないのが実に残念です。もう少し、ベーゼンドルファーの敬虔な響きによる、クリスマス・ソングを聴きたかったなあ。

 
 

大震災から2年9ヶ月。決して忘れない。まだ2年9ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 
 

« オルガンの神様のクリスマスです | トップページ | 純ジャズなXmasジャズ盤です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54334853

この記事へのトラックバック一覧です: ベーゼンドルファーの敬虔な響き:

« オルガンの神様のクリスマスです | トップページ | 純ジャズなXmasジャズ盤です。 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ