最近のトラックバック

« 先入観無しに聴いて欲しいなあ | トップページ | エディ・ヒギンスのXmas曲集 »

2013年12月 5日 (木曜日)

「松和」特製のクリスマス企画盤

12月に入って、世間はクリスマスの雰囲気満載。夜、帰宅の道すがら、庭木にクリスマスのイルミネーションをあしらってピカピカ光らせたり、可愛らしいサンタクロースの飾り物が光り輝いたりで、えらく賑やかである。

しかし、クリスマスって、日本の季節にしっかりと定着したなあ。クリスマスというのは、本来、キリスト教のもので、仏教徒が中心の日本には関係無いイベントや、というのが若い頃の持論やったが、それももう、この世間の雰囲気では「多勢に無勢」(笑)。

しかし、若かりし頃、僕にとっては、クリスマスはあまり身近なものでは無かったなあ。大学時代は、ミッション系の大学やったから、この12月はクリスマスに関するイベントが目白押しで、それはそれで楽しめたのだが、個人的には何の関わりも無い。

地方の大学に行ってしまった彼女は、冬休み入るギリギリまで大学に通っていて、大学が休みに入るのが25日から。イブの24日はまだ地方にいて、クリスマス当日は、大阪までの移動日。時代はまだ昭和50年代前半。大阪に帰りついたら、先ずは家族とゆっくりして、次に僕、という順番やったから、大阪で彼女と会うのは、早くて27日頃になる。つまり、全くクリスマスは関係が無かった。

会社に入ってからは、仕事が腐るほどあって、忙しいことこの上なし。特に年末は仕事が溜まる。20世紀の時代は、クリスマス・イブ、クリスマス当日と意識したことが全く無い。とにかく毎日22時、23時まで残業が当たり前だったので、クリスマスだから、と何かイベントがあったかと言えば、そんなことは全く無い。バブルの頃も年末と言えば、夜遅くまで働いていた記憶しか無い。

クリスマスを日本の季節の中で意識するようになり、クリスマスの雰囲気もまあええか、と思えるようになったのは、21世紀に入ってからである。40歳を過ぎて、今まで許せなかったことにも歩み寄る「許容量」が増えたということもある。そして、クリスマスの雰囲気もまあええか、と思った瞬間から、ジャズ・ボーカルのクリスマス・ソングなんかも聴ける様になった。

このクリスマスのシーズンに、我がバーチャル音楽喫茶『松和』でよくかける「隠し球」の様な女性ボーカル盤がこれ。『Coco d'Or 3』(写真左)。2011年3月のリリース。SPEEDのメイン・ボーカルの一人、hiroちゃん(島袋寛子)のジャズ・プロジェクトの3枚目のボーカル盤である。
 

Coco_dor3

 
このhiroちゃんのジャズ・ボーカルが実に良い雰囲気なのだ。もともと歌は上手い。その優れた歌唱力をベースに、本格的なジャズ・ボーカルを聴かせてくれるのだ。少し低めの落ち着いた可愛らしい声で、キュートな中にちょっとコケティッシュな雰囲気を漂わせ、健康的なお色気をそこはかとなく忍ばせながら歌い上げていく、ジャズ・スタンダードは、なかなか聴き応えがある。

「Unforgettable」や「Candy」「Satin Doll」「All of Me」「Over the Rainbow」など、「ど・スタンダード」な曲が良い感じだ。hiroちゃんは、ジャズ・ボーカルの雰囲気をしっかりと漂わせながら、それでいて、ちょっとポップな雰囲気に歌い上げる。そのポップな雰囲気付けが、このボーカル盤の良いところ。

正統派ジャズ・ボーカルを聴く時の様に、しっかりと聴き耳立てた、精神的な正座状態にならずに、ゆったりとリラックスして、ニコニコ微笑みながら、hiroちゃんのボーカルを楽しむことが出来る。

そして、ラストのボートラ「The Christmas Song」が実に雰囲気のある歌唱で、クリスマスを愛でるに相応しいボーカル・ナンバーに仕上がっている。これが実に良い雰囲気なんですよね。キュートな中にちょっとコケティッシュな雰囲気を漂わせ、健康的なお色気をそこはかとなく忍ばせながら歌い上げていくクリスマス・ソングってええよな(笑)。

このクリスマス・シーズンには、我がバーチャル音楽喫茶『松和』では、この『Coco d'Or 3』を、ラストの「The Christmas Song」を先頭に持ってきて、続いて冒頭の「Unforgettable」に戻って、後は収録順にhiroちゃんのボーカルを楽しむ様にプログラムして楽しむことにしています。

水森亜土のイラストによるジャケットも可愛らしく、雰囲気のある「The Christmas Song」を先頭に持ってくることによって、この『Coco d'Or 3』がクリスマス用の企画盤の雰囲気に早変わり。なかなか「おつなもの」です。お試しあれ。 
 
そうそう、姉妹盤の『Coco d'Or』(2013年8月27日のブログ・左をクリック)や『Coco d'Or 2』(2013年8月28日のブログ・左をクリック)もお勧めでっせ。
 
 
 
大震災から2年8ヶ月。決して忘れない。まだ2年8ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 先入観無しに聴いて欲しいなあ | トップページ | エディ・ヒギンスのXmas曲集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54158370

この記事へのトラックバック一覧です: 「松和」特製のクリスマス企画盤:

« 先入観無しに聴いて欲しいなあ | トップページ | エディ・ヒギンスのXmas曲集 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ