最近のトラックバック

« ボーカルによるハービー曲集 | トップページ | 今年もありがとうございました »

2013年12月30日 (月曜日)

しみじみとスイング・ジャズ

昔から、年末の夜は、しみじみとジャズを聴きながら、一年を振り返る。しみじみと一年を振り返る時は、落ち着いた、しみじみとしたジャズが良い。そんな時には、こんなスウィング・ジャズを聴いたりする。

スウィング・ジャズとは、1930年代から1940年代初めにかけて大流行した、白人が主体となって作られた大人数編成によるジャズの形態の一つ。ジャズの歴史の中では初期のものにあたる。

スウィング・ジャズは、軽快なダンス・ミュージックであり、1940年代後半、ビ・バップ以降のジャズの特徴である即興演奏(アドリブ)や個人演奏(ソロ)よりも、念入りな打ち合わせに基づくビッグ・バンド全体での演奏(アンサンブル)に重点が置かれた。

と、理屈を並べても判りにくい。例を挙げると、ベニー・グッドマン、グレン・ミラーが代表格。今のジャズでは目立たなくなった、クラリネットが結構活躍したりする(恐らくベニー・グッドマン楽団の影響と思われる)。

日本でも「ジャズ」と言えば「スウィング・ジャズ」という図式が、テレビの世界を中心に未だに踏襲されているので、皆さんもどこかで一度は聴いているジャズ・スタイルだと思います。おお〜っ、そうそう良い例があった。「スウィング・ガールズ」である。「スウィング・ガールズ」の演奏するジャズ・スタイルが「スウィング・ジャズ」である。

このダンス音楽的で親しみやすく、リズムも判りやすく、ほのぼのとした暖かいの「スウィング・ジャズ」の雰囲気は、この年末の夜にピッタリだと僕は思うんですが。ということで、現代のモダン・ジャズの中で、「スウィング・ジャズ」系の隠れ名盤の一枚をご紹介します。
 

Eiji_kitamura_meets_teddy_wilson

 
『Eiji Kitamura Meets Teddy Wilson』(写真左)。邦題『君去りし後』。スウィングの巨人テディ・ウィルソンと日本を代表するクラリネット奏者・北村英治の美しいコラボレーション。Teddy Wilson (p)、北村英治 (cl)、Baffalo Bill Robinson (ds)、原田政長 (b)、増田一郎 (vib)がパーソネル。

1970年10月5日の録音である。このアルバムは、テディ・ウィルソンが来日した折に日本で録音された。クラリネットの北村英治とのコラボが目玉だが、脇にベースの原田、ヴィブラフォンの増田が良い味を出している。

どの曲もスウィング・ジャズをベースとしながら、ビ・バップ以降のモダン・ジャズに十分通ずる演奏内容が立派だ。しかも、北村英治のクラリネットが良い雰囲気を出している。明るく柔らかな、それでいて、どこかユーモラスなクラリネットの音色。このクリスマス・シーズンにピッタリの音だと思うのですが、どうでしょうか。

出だしの「On The Sunny Side Of The Street」のテディ・ウィルソンのオシャレなピアノと北村英治のクラリネットの優しい音色で、グッと惹きつけられて、それ以降は一気に聴き通してしまう。選曲も良く、全員がリラックスした演奏が何とも楽しいです。

このリラックスした雰囲気と楽しい演奏が、この年末の夜にピッタリです。ちょっと手に入れにくいアルバムかもしれませんが、この季節にあった雰囲気の隠れ名盤として、お勧めです。

 
 

大震災から2年9ヶ月。決して忘れない。まだ2年9ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ボーカルによるハービー曲集 | トップページ | 今年もありがとうございました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54434048

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみとスイング・ジャズ:

« ボーカルによるハービー曲集 | トップページ | 今年もありがとうございました »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ