最近のトラックバック

« ビッグバンド・ジャズは楽し・22 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・46 »

2013年11月14日 (木曜日)

ロリンズが思うがままに吹く

1970年代のロリンズは、ロリンズが思うがままに吹いている。もう周りのトレンドは気にしないし、と思っていたら、ちょっとだけ気にしているんやなあ、とニンマリしたアルバムが、Sonny Rollins『Horn Culture』(写真左)。

回目の失踪から復帰した、復帰第一作『Next Album』の次の作品。1973年6〜7月の録音。ちなみにパーソネルは、Sonny Rollins (ts,ss), Walter Davis Jr. (p, el-p), Yoshiaki Masuo (g), Bob Cranshaw (el-b), David Lee (ds), Mtume (per)。ギターの増尾好秋の名前が目を惹く。

冒頭の「Pictures In The Reflection Of A Golden Horn」を聴いた途端、思わずニンマリ。この音って、ウェザー・リポートやん。1973年って、ウェザー・リポートの人気がうなぎ登りになり始めた頃。ロリンズは気になっていたんだろう。思わず、このアルバムで、思わず、ショーターの様に吹いてしまい、バックのメンバーは、ウェザー・リポートの雰囲気を再現してしまった(笑)。

しかも、後半はフリーキーなブロウも入ってきて、なんと軽いフリー・ジャズっぽくなっている。2曲目の「Sais」なんて、もうフリー・ジャズ。なんて支離滅裂な一貫性の無い演奏なんだ、とも思うんだが、当のロリンズは我関せず、思うがままに吹いている。演奏の雰囲気はコロコロ変わるのだが、ロリンズのブロウだけが変わらず一貫性を保っている(笑)。

1973年と言えば、クロスオーバー・ジャズ全盛の時代。まさか、ロリンズは、クロスオーバー・ジャズはやらんやろう、と思ったら、3曲目「Notes For Eddie」では、思いっきりクロスオーバー・ジャズしている(笑)。我らが日本人若手ジャズ・ギタリスト増尾好秋の切れ味の良いフレーズが、思いっきりクロスオーバーしている。
 

Horn_culture

 
ウェザー・リポート、フリー・ジャズ、クロスオーバー・ジャズときて、ロリンズは完全にトレンドに迎合しているやないか、と思ったら、4曲目の「God Bless The Child」である。これがまあ、実にロリンズっぽくて、大らかに豪快に朗々と吹き上げていくのだ。増尾のギターのバッキングも雰囲気があって、このバラードは意外と絶品なのだ。

5曲目の「Love Man」は「クロスオーバー・フリー・ジャズ」と形容できる、クロスオーバーな演奏フォーマットに乗って、ロリンズがフリーキーに吹きまくる。思うがままに吹いている。格好良いぞ、ロリンズ。不思議な雰囲気の名演。インプロビゼーション途中でフェードアウトが惜しい。

ラストの「Good Morning, Heartache」がこれまた絶品。朗々と歌うようなブロウが素敵なロリンズは凄く良い。この辺のブロウって、1950年代の若かりし頃のブロウより、充実していて良いのではないか、と僕は思っている。

この『Horn Culture』ってアルバム、前半の3曲を聴けば、ロリンズは完全にトレンドに迎合しているやないか、と感じるのだが、4曲目以降の3曲を聴けば、ロリンズはロリンズ、孤高のロリンズが、大らかに豪快に朗々と歌うようにテナーを吹き上げていて、さすがロリンズやなあ、なんて心から感心してしまう、そんな不思議なアルバムです。

 
 

大震災から2年8ヶ月。決して忘れない。まだ2年8ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ビッグバンド・ジャズは楽し・22 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・46 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53935857

この記事へのトラックバック一覧です: ロリンズが思うがままに吹く:

« ビッグバンド・ジャズは楽し・22 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・46 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ