最近のトラックバック

« マイケル・ブレッカーが聴きたい | トップページ | オスカー・ペティフォードの真髄 »

2013年11月17日 (日曜日)

マイケルの「これ一枚」って...

マイケル・ブレッカーのテナーが聴きたくなって、昨日から、マイケルのリーダー作を何枚かチョイスして、聴き直しています。

マイケル・ブレッカー(Michael Brecker)の数あるアルバムの中で、これ一枚というのを選べと言われたら、躊躇いなく、このアルバムを選びます。Michael Brecker『Tales From the Hudson』(写真左)。1996年の作品。

ちなみにパーソネルは、以下の通りです。Michael Brecker (ts), Pat Metheny (g,syn-g), Jack DeJohnette (ds), Dave Holland (b), Joey Calderazzo (p), McCoy Tyner (p-3,5), Don Alias (per)。いやはや、そうそうたるメンバーです。特に、パット・メセニーと、3曲目と5曲目のみですが、マッコイ・タイナーの参加が目を引きます。それにしても、凄いメンバーですね。

マイケル・ブレッカーは、コルトレーン・ライクなサキソフォニストですが、黒人的な「粘りがあって、馬力があって、ファンキーな」サックスではなく、「精巧で、緻密で、テクニカルで、ストレートな」白人的なサックスが特徴だったと僕は思っています。

しかも、彼のサックスは、従前のアナログ的なサックスの音色ではなく、新しい時代にマッチしたデジタル的なサックスの音色が魅力だと思っているので、ここでのパット・メセニーとの共演は大正解だと思います。
 

Tales_from_the_hudson

 
とにかく、全編に渡って聴き通すと、マイケルのテナーと、パットのギターとの相性が如何に良いかが判ります。加えて、デイブ・ホランドのベースのグルーブ感が、もの凄い。そして、パルス感溢れるジャック・ディジョネットのドラムも特筆モノ。

どの曲にも、現代ジャズの先端部分の鮮度の高い音が散りばめられていますが、特に3曲目のパット・メセニー作の「Song for Bilbao」と、5曲目のブレッカー・ブラザースの曲である「African Skies」は素晴らしい出来です。

どちらの曲も、パット・メセニー・グループやブレッカー・ブラザースで演奏されているように、フュージョン・テイストな曲なんですが、ここでは、アンプラグド・ジャズ・バージョンとして、焼き直されて、これがとても素晴らしい出来になっています。「Song for Bilbao」では、パットがシンセ・ギターを弾いており、これがまたマイケルのテナーの音を引き立てて、心憎い効果を出してます。

このアルバムは、現在のジャズはどうあるべきか、という問いにひとつの答を出してくれた秀作だと私は思います。惜しむらくは、このコンセプトで、しばらくズーッと突き進んで欲しかったですね。

当時、僕はこのアルバムを聴いて、まだまだジャズは終わっていない、ジャズはまだまだ進化している、と確信しました。

 
 

大震災から2年8ヶ月。決して忘れない。まだ2年8ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« マイケル・ブレッカーが聴きたい | トップページ | オスカー・ペティフォードの真髄 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53962764

この記事へのトラックバック一覧です: マイケルの「これ一枚」って...:

« マイケル・ブレッカーが聴きたい | トップページ | オスカー・ペティフォードの真髄 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ