最近のトラックバック

« ピアノ・トリオの代表的名盤・38 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・22 »

2013年11月12日 (火曜日)

ガレスピーを楽しみながら体感

ディジー・ガレスピー(Dizzy Gillespie)は、チャーリー・パーカーと共に、モダン・ジャズの原型となるスタイル「ビ・バップ」の立役者の一人。高らかなトーンで豪快かつテクニカルに演奏するスタイルは、トランペッターとして「最高位」に位置する存在である。

あのマイルス・デイヴィスからして、ディジー・ガレスピーを自らの上位に置く位だ。それほど、ガレスピーのトランペットのテクニックはレベルが高く、特に、ハイノートを駆使して、バリバリに吹きまくる様は、他のトランペッターには真似出来ないほどの素晴らしさである。

が、しかし、このディジー・ガレスピー、意外と人気が低い。人気が無い訳では無いのだが、同じ「ビ・バップ」の立役者の一人、チャーリー・パーカーと比べて、どうも人気が低い。つまりジャズ者からして「名前は知っているし、偉大な存在であることは十分認識してはいるが、あんまり彼のアルバムは聴いたことが無い」という感じなのだ。

何を隠そう、僕もそうだった。ディジー・ガレスピーを聴いて楽しめるリーダー作をパッと思いつかない。有名なアルバムは多々ある。でも、高らかなトーンで豪快かつテクニカルに演奏するガレスピーの音は思い浮かぶのだが、音楽として聴いて楽しむ感じでは無いのだ。

そのテクニックと吹きっぷりとテンションに感心する。そんな感じのアルバムが多く、聴いていると何だか疲れてしまうのだ。つまり、テクニック優先の「ビ・バップ」の宿命。ビ・バップの時代は、まだ1曲の演奏時間が3〜4分と短かったから良かった。ハードバップ期に移行すると、テクニック優先の「ビ・バップ」のテンションを、ハードバップ演奏の標準である7〜8分の間、続けるのだから、これは確かにちょっと疲れる。

そんな「ちょっと困ったちゃん」なガレスピーのアルバムの中で、まずまず、音楽としてその演奏が楽しめるアルバムが何枚かある。その一枚が、Dizzy Gillespie『For Musicians Only』(写真左)。1956年10月の録音。ちなみにパーソネルは、Dizzy Gillespie (tp), Sonny Stitt (as), Stan Getz (ts), John Lewis (p), Herb Ellis (g), Ray Brown (b), Stan Levey (ds)。
 

For_musicians_only

 
このアルバムでは、トランペットのガレスピーは活き活きと、アルト・サックスのソニー・スティットは伸びやかに、共に絶好調。その間に挟まれて、テナー・サックスのスタン・ゲッツがホットに必死で吹きまくる。1956年の録音なので、ハードバップの展開での演奏だが、ガレスピー、スティット、ゲッツの吹き方は、テンション高く、テクニック優先の「ビ・バップ」のまま。

それだと、他のアルバムの様に、聴いていて疲れてしまう。しかし、このアルバムはあまり疲れない。これは選曲の素晴らしさによる。このアルバムの収録曲は以下の通り。

1. Be-Bop
2. Dark Eyes / 黒い瞳
3. Wee
4. Lover Come Back To Me

どの曲もメロディーラインがキャッチャーで、ガレスピーのトランペット、スティットのアルト、ゲッツのテナーの、テンション高く、テクニック優先に吹きまくる「ビ・バップ」の音が耳に付かない。逆に、テクニックを駆使して、これらのスタンダード曲を吹きまくり、インプロビゼーションを展開しまくる内容が活き活きとしていて、実に聴き応えがあるのだ。
 
逆に、リズム・セクションは目立たない。ピアノはジョン・ルイス、ベースはレイ・ブラウンなのだが、フロントの3人を目立たさせる為に、しっかりとリズム&ビートを供給することに専念する。
 
タイトルは「ミュージシャンの為だけに」。確かに、ガレスピーのトランペット、スティットのアルト、ゲッツのテナーの、テンション高く、テクニック優先に吹きまくる「ビ・バップ」の音は、ミュージシャンでこそ楽しめるものかもしれない。

しかし、このアルバムの演奏は、メロディーラインがキャッチャーで、インプロビゼーションを展開しまくる内容が活き活きとしていて、ジャズ・ファンの我々も十分に楽しむことが出来る。ビ・バップ基調の演奏なので、ちょっとハードな内容ではあるのですが、ガレスピーを楽しみながら体感するのに、なかなかの内容の一枚だと思います。

 
 

大震災から2年7ヶ月。決して忘れない。まだ2年7ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ピアノ・トリオの代表的名盤・38 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・22 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53914919

この記事へのトラックバック一覧です: ガレスピーを楽しみながら体感:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・38 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・22 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ