最近のトラックバック

« アーティスティックな「和ジャズ」 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・12 »

2013年11月25日 (月曜日)

ジャズ喫茶で流したい・47

ジャッキー・テラソン(Jacky Terrasson)って、メジャー・デビューして、はや19年になるのか。

そう、約20年前、1994年にブルーノート・レーベルからリリースされた、初リーダー作『Jacky Terrasson』(写真左)は、センセーショナルな話題を振り撒いた。ちなみにパーソネルは、Jacky Terrasson (p), Leon Parker (ds), Ugonna Okegwo (b) 。

バリバリ弾きまくるピアノ・トリオ盤で、実に日本人のジャズ者ベテラン、ジャズ者評論家好み。ドラムとベースは意外と控えめで、テラソンのピアノがガンガンに響きまくるアルバムで、とにかく「派手」なピアノ・トリオ盤である。

ジャッキー・テラソンは、1965年11月27日ドイツのベルリン生まれ。この初リーダー作がリリースされた時は29歳の若手、今年は48歳になって、ジャズ・ピアニストの中堅どころのポジションである。

バークリー音楽院に学び、一旦、パリに戻ると、バルネ・ウィランらと共演。力を蓄えつつ、1990年からはニューヨークに進出、1993年にはモンク・コンペティションで優勝。特に、このモンク・コンペティションでの優勝が、テラソンに格好の追い風になった。日本でも、この「モンク・コンペティションで優勝」したピアニストとして、ジャズ雑誌で紹介され、僕達はその名を知った。

さて、このデビュー作『Jacky Terrasson』を聴くと、テラソンのピアノの個性が良く判る。とにかく弾きまくる。それもしっかりと旋律を歌わせながら、高速手捌きで弾きまくる。音の強弱を極端につけて、音の陰影とメリハリを付けてはいるが、音が小さくても、密度の高い硬質なタッチでしっかりと音を押さえていく。音の強弱に関わらず、硬度の高いタッチは、テラソンの個性。
 

Jacky_terrasson

 
このバリバリに弾きまくる様は、一言で表現すると「現代ジャズのバップ・ピアニスト」。テラソンのインプロビゼーションは、明らかに「ビ・バップ」な弾き回しである。リリカルとか耽美的とか、印象派ジャズ・ピアニストの影を全く感じさせない、徹頭徹尾、ビ・バップな弾き回し。高速な弾き回し、ダイナミックな展開、旋律を歌わせ、秀逸な疾走感。誤解を恐れずに言うと「旋律が美しく、メリハリの効いたバド・パウエル」の様な雰囲気。

確かに、それまでに無いジャズ・ピアノのスタイルではある。1994年当時、新しい響きを宿していたことについては疑いは無く、僕もこの初リーダー作『Jacky Terrasson』を聴いた時は、こりゃ〜まあ、これまた個性的なピアニストが出てきたなあ、と感心したもんだ。

ただ、正直に言うと、とにかく弾きまくるスタイルなので、これからどうするんだろう、と心配にもなった。自作曲については、あまり「これは」というものは無く、どちらかと言えば、「My Funny Valentine」や「Bye Bye Blackbird」や「I Fall In Love Too Easily」など、スタンダード曲の斬新な解釈と弾き回しに、テラソンのピアノの個性が光り輝くのだ。つまりは、バップ・ピアニストなのだ。

今では、中堅のジャズ・ピアニストとして、バリバリの現役。確かに、同世代のブラッド・メルドーやビル・チャーラップらと比べて、ちょっと遅れを取ってるかなあ、という雰囲気はありますが、彼のピアノは今でも「現代ジャズのバップ・ピアニスト」の個性をしっかりと維持していて、決して隅に置けない優れたピアニストのポジションをキープしています。

そんなテラソンのデビュー作『Jacky Terrasson』。渋くて硬派なピアノ・トリオ作として、ジャズ者の皆さんにお勧めです。

 
 

大震災から2年8ヶ月。決して忘れない。まだ2年8ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« アーティスティックな「和ジャズ」 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・12 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/54052466

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・47:

« アーティスティックな「和ジャズ」 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・12 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ