最近のトラックバック

« ガレスピーを楽しみながら体感 | トップページ | ロリンズが思うがままに吹く »

2013年11月13日 (水曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・22

今日は、久し振りに「ビッグバンド・ジャズは楽し」シリーズ。今日は第22回目。ディジー・ガレスピーの登場である。

ディジー・ガレスピーは、最高のトランペッター。しかし、そのテクニックと吹きっぷりとテンションが先行する印象で、演奏を楽しむよりも先に、演奏に聴き疲れてしまいがち。それが原因なのかどうか、どうもディジー・ガレスピーは、日本で人気が無い。

ハッピーなトランペットなところも人気の無いところかもしれない。日本では、どうも、スピーカーの間で腕組みしながら、眉間にしわを寄せて聴くようなジャズが好まれてきたからなのか、あっけらかんと楽しそうに、そのテクニックで「どうだい」と言わんばかりに大らかに吹くトランペッターはウケないのかもしれない。

でも、そのあっけらかんと楽しそうに、最高のテクニックを駆使してバリバリ吹きまくるディジーって素敵だと僕は思う。ジャズの求道者というよりは、ジャズのエンタテイナー。確かに、そのテクニックと吹きっぷりとテンションは、聴き続けると疲れる。でも、適度な長さのインプロビゼーションであれば、そんなに聴き疲れない。

ということで、適度な長さのインプロビゼーションのディジーと言えば、ビッグバンド編成でのディジー・ガレスピーである。ディジーは、偉大なる最高のトランペッターであるばかりか、大変優れたビッグバンド・リーダーでもあるのだ。確かに、ディジーがリーダーのビッグバンド編成の「内容のあるアルバム」は結構な数に登る。
 

Dizzy_in_greece1

 
例えば、今日聴いた、Dizzy Gillespie『Dizzy in Greece』(写真左)。このアルバムは、1956年5月-6月、1957年4月の録音で、録音場所はニューヨーク。なのに、なんで『ギリシャのディジー』というタイトルなのかが判らない不思議な盤。しかし、このアルバムでの、ディジーのビッグバンドは素晴らしい音なのだ。

ガレスピーがリーダーのコントロール下で、百花繚乱、狂喜乱舞しつながら、バリバリ吹きまくり、叩きまくるバンド・メンバーをバックに、ガレスピーの適度な長さのインプロビゼーションが突き抜ける。良いですね〜。ビッグバンドの音の塊が、ガレスピーのソロの音の塊と上手くバランスが取れていて、ディジーのトランペットが突出しないところが良いですね。

リー・モーガン、クインシー・ジョーンズ、ベニー・ゴルソン、アル・グレイ、フィル・ウッズ、ウィントン・ケリー等々、錚々たるメンバーを揃えたディジーのビックバンドは聴き応え満載です。バックのメンバーのソロも良く、ディジーのトランペットは素晴らしいのはもとより、ビッグバンド全体の演奏も良好なのが、このアルバムの聴きどころです。

1958年の名盤『Dizzy Gillespie at Newport』はこのアルバムでのビッグバンドの凱旋公演の模様をライブ録音したもの。なるほど、この『Dizzy in Greece』のビッグバンドな音が素晴らしいはずです。優れたビッグバンドをバックに従えたディジーのトランペットは実に聴き応えがあります。

ちなみに、1956年に、ディジーのビッグバンドが、実際にギリシャを演奏旅行で回ったという事実自体はあるそうです。ジャケットの写真はその時のなんでしょうか。エキゾチックな雰囲気で、なかなか印象的なジャケットですね。

 
 

大震災から2年7ヶ月。決して忘れない。まだ2年7ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ガレスピーを楽しみながら体感 | トップページ | ロリンズが思うがままに吹く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53925822

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・22:

« ガレスピーを楽しみながら体感 | トップページ | ロリンズが思うがままに吹く »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ